> > うーむ、難しい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

うーむ、難しい!
2013/07/17

楽天のマー君こと田中投手。凄いですねー、13連勝ですよ! 楽天の貯金のすべてがマー君で賄われている!(47勝37敗)。どこか止めてくれ〜。今季は何勝するか?わからないくらい調子が良いですよね。夏場に向けて、もう「ひと山」あると面白いんですけど。おかわり君、早く出てきて!

ということで本題に。今日は少し過ごしやすい1日だった……と会う人みんなに言われるのですが、外に出ると……暑い! このまま9月まで継続していったらどうなっちゃうんだろ?と不安に思いつつ、東奔西走、動いておりました。

早くも新機種の動きはすでに9月〜9月下旬頃までの機種が見えてきているのですが、どうにもこうにもお店は「乗っていけない」という声が大きいです。景況感もありますけど、目に見える数字以上に「お客様が恩恵を感じていない」という点でしょうか?

特にパチスロは深刻です。1か月トータルで「薄利営業だ!」と意気込み、そこそこに出玉還元という形でアピールしても、続かないというのです。

問題はその「玉の出方」でしょう。お店で店長から「ほら、あそこに座っている女性、1000円で引いて、出っぱなし」と、データを見せてもらうと、すでに8000枚オーバー。最終的に12000枚近くゲットされまして。

お店全体の利益は黒字で数%なんですが、中身は「少数の人が大勝ち」したケースとなり……。「次に……次に……」とつながるのであれば、それは生きた「還元」となるのですが、逆に「次はないな……」と警戒されるのが現状のようです。

以前にも、これを打破するには「続けるしかない」と書きましたけど、コントロールできない程の波の荒さは、メーカーの新機種次第、スペック次第で変化する?と思うようになりました。

理由は……観察しただけで裏を取ったわけでないので、あくまで推論ですけどね、新機種入替でARTやAT機などの「比率」がお店全体で上がってきたところから始まっています。

「お客様が求める」ニーズを満たすために差玉性能の高い機種が多数リリースされてきた。お店も必至に集客を維持・増加させるべく、入替を繰り返してきた……。そんな流れからお客様も学習したし、宝くじ的感覚が「フツー」になったんでしょうね。きっと。パチなら等価交換もその要素かな?

逆に「お客様のお金も持たなくなってきた……」と言われ、最近はA+ART機なども新機種で登場、全体の「濃度が薄まる」ことで、再びAT機などの存在がフォーカスされるという好循環を生むのでは?と。

パチも「MAX+ロングST」が主流になると、このタイプの「濃度」が一気に濃くなりますね。これは新台だから……という一過性の問題でもあります。つい暴れることを極端に嫌うお店であれば、保険の意味から開店時から「あり得ない調整」でほぼその後は手当せず……などそういう粗っぽい使い方をするお店が出てくるのは納得です。

まあ、パチの場合、調整部分である程度「コントロールできる幅」があるのかなぁ?って。スロはそういうわけにはいかないので、より厳しいという状態になっているのでしょう。恐らく……。

話をスロに戻しますが、ノーマルAとかARTとかATとかA+ARTとか……色々とバリエーションが増えることに対しては歓迎です。しかし、いずれも「行き過ぎる設置台数」だと、どうしてもデメリットは出てくるのかなぁ?って。お店は機械を開発できない、選べないってことを考えれば、そこはやっぱりメーカーに期待するしかない、って思うのです。

「何が健全で、何が健全でないか?」などは到底わからないのですけど、毎日その最適ポイントを探るっていうのが求められているのかもしれません。

しかし……投資1000円で、閉店まで打って見たいな―。そしたらパチもスロも止められる! 悔いないです!(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ああデューク、愛しているのに、4ラウンド……
(解説)
*やっと下のセリフで「愛しているわ!デューク!」と出て大当たりしたのに…まさかの4Rなんて!ヘソでは70%だったから仕方ないんですけど、右打ちでソッコー転落って何さー。ツイテないなぁ。10%の才能も……ありません。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る