> > “カニさん”……増えてますね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

“カニさん”……増えてますね
2013/07/23

「サッカーの高萩選手と中村獅童、似ているんじゃないか!」と唐突に質問され、調べると……似てますね! まー、最近、こういった話題でアイスブレーキングを進めるわけですけど、狭いなぁと反省する今日この頃です。

さて本題です。選挙終わりましたね。あの「街頭演説」とか好きなんで、時間がある時は聞いているんですけど……ホント、話上手な人とそうでない人の差……激しくないですか?(笑)。得手・不得手もあるのでしょうけど、話術は勉強になりますよ。

今日も色んな方と商談&打ち合わせだったのですが、最近「カニ歩きしている人、増えてない?」という話題となりました。「そういえば……」と、思い当たるフシがあったので、逆質問した次第です。

まずパチンコ。パチンコの場合、機種によりますが「朝一潜伏確変狙い」っていうのがありますが、それ以外の機種でも意外と「カニ歩き」をするユーザーは増えているように思います。

「どうしてですか?」と問うと、恐らく……同じ2万・3万負けるかもしれないなら、1000円で20台・30台と運に任せて動いているということだろう、と。

反射的に「効率悪いなー」と思ってしまったのですが……よく考えればいつも「すでに宝くじのようなもの」と自分で言っているわけです(笑)。そういう考えで動くのもアリだな、と。

以前ならボーダー回転数とか……1日中勝負できるとか……ありましたけどね。今じゃボーダーなんて(笑)というくらいの調整っぷりなお店が多いですし。

スロも若者を中心にカニ歩きが流行っているそうです。当然、天国狙いなのでしょうし、仮に1000円で引っ掛かれば……伸びる可能性もある、ってことかな?

問題はパチでもスロでも1時間・2時間とダラダラ打たない、ってことみたいです。そういったスタイルを持つユーザーはまだ少数派みたいですが、増えているというのも衝撃ですし、多数派になったらエライことだな、と。

「5万円使って、10万円勝てば2倍、1000円で2万円勝てば20倍」とはある人の言葉。倍率を考えると、要はパチやスロは「投資金額」が大きくなったことで、2倍・3倍と稼げるチャンスが少ないギャンブルになっている、と。

公営ギャンブルと比較すれば、パチやスロは「瞬間ギャンブル」ではないから、それ以外のメリット・デメリットはあると思います。しかしながら、絶対額が得られる「大きさ」とか「可能性」とか……色々考えると、どうなんだろう?と。時間という「機会損失」を考えると、効率が悪いと思うユーザーが出ているのかもしれません。

ま、基本は「長く安く遊べるレジャー」を標榜しているわけですから、こういった側面で議論しちゃいけないのでしょうけど。

お客様の感覚や見る目は大分変化していると改めて気がついた今日この頃です。カニさん……今度やってみようかな?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ミノルくん……、突然出てきちゃ、ダメですよ……(怖っ)
(解説)
*クロユリ団地、又も1500円で大当たりを引きましたよ。相性ってあるんですね(笑)。でも、その後は2箱半飲まれ……再び大当たりするも確変に入らず終了です。2000円負けでしたが、とても遊べました。こういった負けだと、充実感あるんですけどねー。そう簡単な話じゃないですな。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る