> > 盛り上げるには……これ?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

盛り上げるには……これ?
2013/08/07

バングラの首都ダッカで「いいね!」工場というのがあるそうです。世界に幾つもあるらしいのですが、フェイスブックの「いいねボタン」を押す、というお仕事らしい! へー、ビジネスになるのか! と驚き半分と、このハングリーさ、っていうのはかなりツボ。日本にもあるんですかね? 「いいね」工場……。

さて本題です。今日もゲリラ雷雨にやられ……ツイテない自分を再確認した次第ですが、元気出して仕事に勤しみましたよ。

で、今日の話題は「第1回 日本回胴王決定戦にエントリーする!」というお店のスタッフとの話。結構、バナー広告で告知しているわけですが、絶対に「日本一になる!」とキバッっておりました(笑)。

「へぇー、でもさー、今までありそうでなかった企画だよね。うん」と興味津々に話を聞いてみると、どうやらその彼は「パチスロは好きだけど、お店で遊ぶにはお金が持たない」というのです。でもベガスに行きたい! と。とにかくパチスロにかけるお金がない……。

「パズドラにはお金かけるじゃない?」と逆突っ込みすると、まあ、レベルが違う程、負けまくっているということでして。

夢のある企画ですし、パチスロファンをさらに増やす「きっかけ」となる事を祈っていますが……パチンコはないんですかね? 大会を開くには、設備もルールも難しい所があるから……なんでしょうか? それとも当局の……という、大人の事情もあるのでしょうか? ま、その辺の理由はわかりませんけど。

Jリーグも観客増員を目指して、さらに頂点を極める冠大会を目指すとか、プロ野球も様々なコラボによる「ファンイベント」を充実させていますから、パチンコ業界も参考になる事例ってたくさんあるように思うのです。

「えっ? 何故、パチンコ・パチスロ打つかって? 金を増やす為だよ!」という人が圧倒的かもしれませんが、エンタメ性を持たせるのに、あらゆる所で盛り上げていく必要性ってあると思うんですよねー。

「お金がない!」といった彼も、いつかお金に余裕ができた時には、余暇の一つとして、最初に「パチンコ・パチスロ」を選んでくれるように……ファンのハートを燃やし続けるアプローチって、継続的に必要ですよ。うん。パチンコも開催してくれないかなぁ?と願う今日この頃です。

もしもエコパチが出てきて、出玉をオンラインで結べば、ランキングが可能になるかも?ですね。あっ? また、いけない発言を……。(自粛)

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・負けすぎて、年中夏バテ? 諭吉さん……
(解説)
*なんでかなー。最近、諭吉さんがお財布に入ってきませんなぁ。年中夏バテだと困るんですけど(笑)。9月まで我慢だなぁ、我慢……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る