> > もう一度、声を“大”にして言いたい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

もう一度、声を“大”にして言いたい!
2013/08/30

阪神、まさかの3連敗ですか……。セリーグもパリーグもマジック点灯したし、今年は決まったかなぁ? と思いつつ、巨人の強さが半端ない事を改めて感じた次第です。なんでもそうですけど“プロ"というレベルになると、こんなに力の差がハッキリするのか、と思いましたね。なんでもそうなんでしょうけど。

さて本題です。お盆明け後は、堰を切ったような勢いで新機種が発表となっています。主に10月〜11月頃の機種ですが、来月・再来月と年末年始にかけても一気に登場してくると思われます。

その事は業界にとって良い事なのですが、程度の差こそあれ、未だに業界に残っている負の商慣行……機歴販売であったり、抱き●わ●に似た販売ですね。

伏字にしてます(笑)けど、現場でリアルに行われているから、いくら「やっていない」と言われても……ね。簡単に言えば「●●という機種が出るので、これを購買し、機械の購買履歴が残れば、人気の●●は買える」という感じ。

メーカーも「人気機種の生産台数は限定しているから、日頃からお取引の厚いお客様より優先して販売する」というスタンス。これも以前から書いてますけど、OKなんですよ。良いんです。それはそれで。

だって、大量購入してくれれば特別な値引きがあったり、納品の時期を優先するとか……それはどの業界でも当たり前の話。

問題は、あたかも不確実な形で示唆する日頃の「営業トーク」です。これはお店の恐怖感(=人気機種を手当てできないかも?)を煽り、迷わせる。時々、現場で見聞きしますし、確定した“時点”で確定した事(条件)を話して欲しい、というもの。だって、人気機種の発売直前になって条件変わったりしますからねー。

もう一つの問題はやっぱりお店。競合店が自店より有利な条件で新台が設置されるとお客様が引っ張られるという「恐怖感」にも似た空気があります。でも、どうでしょうね? これも以前書きましたが、今や毎週のように「新台入替」が行われているので、ホントに「集客人数」が上がるか? そのコストパフォーマンスは? と、再検証する必要があると思うんです。

話を戻しますが、それで「本当は不必要な機種まで買う」ので、予算もキツクなり、お客様への還元率も減少するという流れ。これは良くない。ホントに良い機種なら、値段次第ですけど、中古で購入したら?と思ってしまいます。

要は「(不必要な)新台を導入して、予算を上げてお客様に負担を強いるか?」「(普通に)計画通り新台を購入して、可能な限りお客様への還元に回すか?」って話だけですね。

こういった流れを知った上で前略的に新台購入する、というのが正しいのだろう、と思いますが、やっぱり良い商品・人気機種を適正に入れる方法を強かに立ち回る、という事になるのでしょうか?

とにかく、お客様に負担を強いるような対応は、業界にとっても良くないなぁ、と思ったので、再度、声を“大”にして言ってみました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・夏バテね、湿気戻った、ケンシロウ!
(解説)
*まあ、勝てん! ケンシロウ! スロの方です……。パチは今月、かなりの勝率で相性抜群なのに、スロは何度やっても勝てんです。ムキになって遊ぶからダメなんですねー。来月に期待です……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る