> > 「……勝てそうだ」と思えるのは?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「……勝てそうだ」と思えるのは?
2013/09/02

早いもので9月ですね。「もう9月」というより「あと少しで今年も終わり」というイメージが強いのですが、昔から事始めに9月は向かない……とか言われますし、今月はおとなしくした方が良いのか?と今から悩んでお ります。うー。

さて本題です。「月が変わればツキが変わる!」と言い続けていますが、ホントは8月が絶好調だったんで、土曜日に遊びたかった……。用事があったので、9月1日の日曜日に遊ぶことにしました。

まー、ゲン担ぎではありませんがお店選びから慎重です。「だったら打たなきゃいーじゃねーか」と言われそうですが……そこは仕事ですから(笑)。

冗談はさておき、なんといっても譲れないのは「信頼できない」お店では打ちたくない。お気に入りのお店は遠くにありますが……それでも行ったわけです! 到着後の選択は「パチか? スロか?」でありますが……許された時間があまりありません。という事でパチに。

次は台選びですが、正直なところ日曜日でもあるため、空き台も少なく「好きな台」「相性」「データ」の順で物色していました。選んだ台は『ぱちんこ クロユリ団地』です。ご存知の通り、「ミノルくん」の出現が大当たりのすべてを左右します。もちろんMAXタイプ。出るときゃ出るが、ハマる時はとことんハマる(笑)。

投資金額は1万円ポッキリ(……死語ですね)と決め、いざ勝負! ここでも自分の煩悩に任せて「負けパターンの立ち回りだな」という事が脳裏をよぎります。しかし、勝てない可能性は0ではない! ヘンテコな偶然とヒキに任せて勝負したのでした。

通常時は相変わらず、自転車がくるくる回るもちっともアツくありません。予告は毎変動、何かが起きますが、ただただ「こえー、こえー」とブツブツ打ちながら盤面を見つめます。

2,500円目で盤面上部左右がパカパカ動いてリーチに発展。ハズレたと思ったら、いきなり大当たりとなり……そこから大・大連チャン! 「やったぜ! 父ちゃん! 」と、星飛雄馬ヨロシク……心の中で大喜びであり ます。結局、5万ちょいのプラスですからね。いやー、結果は良かった。うん。

と……小生の勝ったのはどうでも良いとして、ST消化中にある疑問が浮かび上がったわけです。「なぜ、同じ機種が設置されているのに、お店によって客付きが違うのか?」と。正直、『ぱちんこ クロユリ団地』は6月に導入された機種で、早くも撤去済みまたは減台になっているお店も多いです。でも、そのお店は人気なんですよねー。

地域性による「ご当地の嗜好性」と考えれば話は早いのですけど、そこはお店の「集客力」に起因するもの。恐らく「勝ち負け」の期待感は遊技機ではなく、その場所や空間……そしてお客様の「にぎにぎしさ」なのかもしれませんね。だって、新台導入しても全然お客様がいないお店だってあるわけですし。そもそも最初から勝てる期待感のないお店って事でしょう。

けっして「新台の速さ、台数の多さ」「規模の大きさ」「最新設備を導入している」という理由だけで「期待感」が維持できるものではないと思います。そしてユーザーが最も気にしている「勝ち負け」も運/不運がある。 じゃあ、何がユーザーに「期待感を持たせるのか?」……それはわかりませんが「遊技機だけが理由でない」という事は言えると思いますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・怖いのは、ミノルくんより、おじーちゃん! 

(解説)
*ずーっと打ってますけど、だんだんミノルくんより、おじーちゃんの方が怖いなぁ、と思うようになりました。ミノルくんは突然出現するから怖いです。もっとゆっくり出てきてください。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る