> > 射幸心って?依存って?……なんだろう?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

射幸心って?依存って?……なんだろう?
2013/09/03

オリンピック招致活動、いよいよ大詰めですね。東京が選ばれると良いんですけど。もしも東京ならば……パチ屋さんも、いろんな対策を打たねばなりませんねー(笑)。外国語表記のお店って都内でも結構出てきた事ですし。ま、とにかく今週はみんなで祈りましょう!

さて本題です。今日も朝から暑い1日でしたね。日中は外に出ている人も少なめ。これだけ気温差があると、体力的にまいっちゃうと思いますし、経済にも悪影響は出ているのでは? と思うわけです。体を慣らしていくしかないのでしょうが。

で、今日は「依存症」の話題になりまして。生活保護不正受給でパチンコ三昧した人に、求刑が出たってニュースで、いろんな人と意見交換したわけです。

もちろんパチンコが社会に与える「影響力」というのは大きく、襟を正しながら認めてもらう努力は必要なのですが……じゃあ、パチンコだけなのか?という疑問が出てきまして。

例えばCMで流れている宝くじ、BIG。「6億円」が当たると、宝くじ売り場でもノボリを上げて広告をかけてますねー。中には毎月何十万と購入する人も。ええ、もちろん「国営」ですしね……宝くじですし、それを言ってしまえば元も子もありません。しかし「射幸心」ということを考えれば……どうなんでしょうね?

まだあります。先日、知り合いからのススメで「楽●銀行」の預金口座を作りました。まあ、ここまではOKですが、そこからのメールが凄い! 「今日は●●の日、いきなり口座残高が6億円に」とかですね……。開いた口が閉まりません(笑)。

「簡単に買えるし、当たった場合も口座に入金されるから楽」というのはわかりますけど、メールがうざい(笑)。毎日5件くらいくるかなぁ? これも「射幸心を煽る」にはならないのか?と思ったりするわけです。

話を戻しますが、簡単に言えば「依存しやすいものか否か?」ということなのでしょうね。街を歩いていれば、比較的近くにパチンコ店の存在を知るでしょうし、遊んでみたら大勝ちした人なら、次に遊ぼうと思いやすい。手軽さがあるのでしょう。

逆に負ければ「パチンコで取り戻すんだ」となり、それが繰り返される。そして、宝くじより金額は大きくないが、確率的には「当たりやすい」ギャンブルだから、ってイメージなのでしょうか。

個人的には、18歳以上の遊技と決められているわけですし、適度に遊んでもらう、ということ以外にないのですが(笑)。宝くじでもなんでもそうですけど、それは個人の自由。ただ、業界としては「依存しやすい遊び」であることを自覚しながら、一方でお客様に伝えていく努力が必要なのでしょうけども。

長年の経験から、こういったネガティブなニュースが出ると「パチンコはやはり社会悪だ」というイメージが出ます。ええ、必ず(笑)。でも、よく考えれば、自己責任ですから。適度に、節度ある遊びを心掛けて欲しいなぁ、と思うと同時に、もう一度、パチンコ店では何が出来るか?って考えるキッカケとなればなぁ、と思う次第です。

ま、今のところ、ノーアイデアなんですけど(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・倍ラッシュ! なかなか入らず、ジャグペカリ!(笑)
(解説)
*今日は某店舗でスロのカイジをずっと見てたんですよねー。もちろん打てませんで(笑)。倍ラッシュは、なかなか入りませんなぁ。確率的にその場ですぐ見られるというものではないのはわかっていましたが。で、我慢できずジャグ打ったら、1000円でペカっ!ツイテル! でもバケ……。オチが宜しいようで(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る