> > 「新台好きな人」の見立て
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「新台好きな人」の見立て
2013/09/04

やはり毎日、日経と東スポは読むべきですな。今日の東スポ「過度な耳掃除はかえって逆効果」の記事は大変勉強になりました。そうそう、気持ちいいんですよね。なんでもそうですけどね、やり過ぎはダメってことなのでしょう。うん。

さて本題です。年のせいか、この暑さにバテバテで完全グロッキー状態が続いているのですが、そんな甘えたことが許される(笑)環境でもなく、今日も東奔西走、動き回っておりました。

今日は某店長より「新台好きなお客様」の話を聞いたので、それを一つ。今や毎週のように入替を行うお店が増えています。でも、中には「中古機を混ぜる」とか「甘デジや1機種1台の主力でない機種を混ぜる」など、週によっては入替の「重さ」が異なりますね。

でも、そのお客様は「新台ならば(=打ったことのない台はすべて新台扱い)、なんでも打つ」という兵らしく。朝から閉店まで必ず打ちきると。しかもどんな機種であっても、どんなスペックであっても。

複数同時に入替があった場合は、1週間ずっと出勤するそうでして。あまりに通ってくれる「超ヘビーユーザー」なので、お店のスタッフの間でも有名人になっているらしいのですが、問題は勝ち負けですね。

なんでも「大勝ちする時は、20万くらいの勝利。負ける時は10万くらいかな?」と。収支は月間で50万くらい負けている! と本人のコメントがあると言います(笑)。

この辺りの真偽は別としても、人生の大半を「パチンコ」に費やしてくれるというのは、なんとも複雑な気持ちになりました。大切なお客様……でも、適度に遊んでもらっているのか? という疑問。

そして「いつかお金がなくなり、突然、来店しなくなるかも?」という恐さ。お店側の心理というのは難しいものですね。だって、ずっと勝てる・毎日勝てるというものではないですから。

とても印象的だったのが「だって、新台は調整が甘いじゃない?」ということ。普通に他の機種や人気機種でも、通常営業時は「通常の状態」だというわけですね。これは道理にかなっている。(ま、中には新台でも通常状態……というお店も多いですけど)

勝てる・勝てないは別にして……。

いろんなお客様がいるものだ、と感じたことに加え、いろんな「思い」を抱えてパチンコやパチスロを見ているのだ、と改めて感じた次第です。だから毎日が勝負なんでしょうね。お店の人も大変でしょうが、大切な空間を作ってあげて欲しい、と思いました。ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・呪っても、怨んでもダメ、当たりません……
(解説)
*先日、少しだけですが、『CR呪怨』を打ったんですよねー。ま、負けたのですが、問題は今までの収支です。良く見れば……1度も大当たり、引いてないことに気がつきまして。いやー、そうじゃないか? と思ってましたよ。自分のヒキの弱さを呪った方が良いかもね。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る