> > 通常時が人気を左右する??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

通常時が人気を左右する??
2013/09/05

なんでも“世界初のホット炭酸飲料”が10月21日に発売されるというニュースをキャッチしました。おいおい、どんな味がするんだろ? と正直なところ、まったくイメージつきませんが。これは買って一度味わってみたいなぁ、と思うところです。

さて本題に。天候が荒れに荒れまくってますね。関東はムシムシした感じで、シンドイ暑さであります。ま、こういう時こそ元気出していかないとダメですね(笑)。

今日も取材・試打・実戦と……いつものルーチンを繰り返しつつ、いろんな妄想をしていたのですが、実にパチンコ機・パチスロ機、良くできていると思いませんか! (笑)。

今更何を……という所でしょうが、数年かけて規則に合わせて作っている状況が想像できます。が、しかし……悲しい事に「人気台・不人気台」と明暗くっきり分かれてしまうのが市場の非情な部分。面白くないものは「面白くない」と、しっかり結果が出てしまうわけですね。

自分でパチを打っていて思ったのが、まず「ハズレの状態」のゲームです。長い時間打っていると、通常時・大当たりラウンド中・確変時・継続時・時短時等々、いろいろですが、特に通常時。ハズレの状態の時に「期待感がない」のが不人気の原因かと……。

フツーに「あの演出が見たい」とか「大当たりがしたい」とかじゃありません。「勝てるの? 勝てないの?」という部分ですね。負け方も色々あると思いますが、基本的に「当たり=面白い、負ける=つまらない」という感情は一般的に出てくるものですが、負けて期待感が持てるか?どうか?は、演出の出現頻度とか煽り方一つとっても異なります。

基本的に通常時に感情移入できない限り、次はないなぁ、という機種であれば、厳しいのかも?ですね。

スロは技術介入性が通常時における一つの「解決策」と言えるわけですが、テーブルや天井機能などを搭載している機種であれば、目安ができるので負けてもあきらめがつく、という所もあるのでしょうかね?

期待値などの数値と、実際に打ってみた「感覚」というのは個人差があります。期待度20%といっても「それしかないのか……」と思う人もいれば、当たるかも?と思う人がいるように。遊んでいるうちに思考が前進するような……そういう機種が人気が高いのかなぁ? とも思ったりしていますが。

もっとも、パチやスロの未経験差だったり、年間に数回しかしないユーザーから見れば、もっと単純な部分で期待感を持つのかも知れませんね。

今、新機種が多数発表されてますけど、かなり面白い機種もあるので、今後の動向に期待です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・心滅に、ブルブル握る手、汗かいた……
(解説)
*『CR牙狼FINAL』を打ちました。心滅ゼロリーチで外れたんですけどね、あの震撃アタックの瞬間はドキドキですね! なかなか震えないんですけど(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る