> > パチンコの消費税について考えてみました……。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチンコの消費税について考えてみました……。
2013/09/24

巨人が優勝し、パリーグも終盤戦……メジャーリーグもいよいよ終盤な中、アメフトのNFLが始まりました。で、20数年間ファンであるドルフィンズがですね、アトランタ(ファルコンズ)を破ったんですよ! これは凄い!開幕3連勝であります。もう何年も弱小チームでしたから。今シーズンはイケルかもしれない……。

さて本題です。今日は消費税アップ時のパチンコ業界の対応(予想?)について個人的に書きたいと思います。

というのも……今月の9日に、風適法の解釈基準変更(風俗営業等の規制及び適正化等に関する法律等の解釈運用基準の変更)というのが警察庁から出ました。HPにもあるようなので、興味のある人は読んで見てくださいね!

で、簡単に言いますと、消費税アップの時の「賞品提供時(特殊景品も含みます)」の基準に関する記載の追加……ってくだり。ここが消費税アップ時でも問題になる……と言われていた部分で、事前に業界からも出していた質問の回答が出てきた形です。なのでパチンコ店としては非常に大きな問題。

でも、ユーザー目線で言えば、少し問題が違いまして。特に景品は「内税か?外税か?」ってことですね。等価交換はどうなっちゃうんだろ?とか。

個人的にも、この期間で一番質問が多かったのは、「(お客様は)玉やメダルを借りた時にも税金払って、景品交換でも税金取るの?」という質問でした。

そこでユーザー目線になって考えると、ポイントは2つあり……まずは玉やメダルを借りる時。現在、1玉=4円、1枚=20円以下であれば、OKとなっています。

パチンコ業界は過去消費税3%・5%アップの時に、お客様の計算の複雑さや煩雑さによる「お客様離れ」を危惧し「内税扱い」として、そのまま数十年経過してきた歴史があります。こちらは現在もそのまま。

要はお客様の代わりにお店が「消費税を預かっている」という意味ですね。玉やメダルを借りる時に……この負担は大きい。しかも段階的に税率が上がれば、この方式だと自動的に支払いが増えるってことになります。

次は景品です。お客様は遊技した後に、その出玉で景品に交換します。「内税扱い」ですね。タバコやジュースをイメージしてもらえれば分かりやすいのですが、小売業でも「税込表示(内税)」か?「税別表示(外税)」か?って今議論してますでしょ? パチ業界は、その事業の特性上、やはり「税込表示」の方がお客様に分かりやすい。

今回の解釈基準変更では、遊技で得た玉やメダルに消費税を上乗せした形で賞品を提供しなさい(つまり内税)となりました。現行と変わらないのですが、お店によっては交換率の変更など……色んな対策を打つところも出てくるやもしれませんが。あくまで個人的意見ですけど。

ということで、処理方法の変更、その対策の良し悪しはあれど、負担は色んな形でプレイヤーに跳ね返ってくるのは必須。もちろん、日本全国がすべてがそうなるので、パチンコ業界だけ無傷ってことはないのでしょうけど。

この危機的局面を「チャンス」に変えて、新しい業態のパチンコ店が開発されることを期待していますが……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・あれ?ケンちゃん、今日は出番が、遅いのね……
(解説)
*もー、『北斗』ばっかり打ってます(笑)。今日はパチ。初当たりまでかなりハマりまして、半べそになりながら打ってました。当たって良ホッとしましたが、ケンちゃん出てくるのが遅いよ!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る