> > 落ち込む時期にもう一度、考えて欲しい
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

落ち込む時期にもう一度、考えて欲しい
2013/11/22

しっかりと観た事がないのでなんですが、今年のガキ使年越し「絶対に笑ってはいけない」は地球防衛軍だそうでして。病院や空港など、過去いろんな舞台があったようですけど、見てみようかな? 大ファンが周囲にいるので、早速聞いて見ることにします。ええ。

さて本題です。今週に入ってから、一段とお客様が少なくなったような感覚です。午前中と夜に定期的にお店を見ているのですが、特に午前中は閑散としているというか。

カレンダーの影響も大きいですが、考えて見れば「平日の午前中から遊べる人って、どういう人?」と考えると、限定的ですしね。でも、10年くらい前はこういった光景はあまり見られませんでした。当時と違うのは……景気もありますけど、やはり「時間感覚」ですかね? 生活リズムが一変しているように思います。ま、あくまで個人的感想ですけど。

話を戻しますが、何せ「ピーク時」が夜に集中という状態。そして稼動が悪い状況で、良い状態の「調整」を期待する方が難しいというもので、ヘビーユーザーもまた、今はお休み中と言うことなのでしょう。

それでも遊ぶ人から見れば……酷い! 1000円で10回〜12回程度の回転数であったり、スロも数日「0回転」の台に勝負を仕掛けるのは、とてもリスクと感じてしまったりするもの。特にパチンコは……お店の方は仕方ないのでしょうけど、打っている人は「たまったもんじゃない」という声は多い。

だから「取れるところ(機種)から取れ」みたいになっているのも不満です。特に新台。新台は導入より、ある程度の稼働を見込めるので、余計に目立つ。とにかく初めの一歩から間違っている様な気がしてなりません。

「たくさん玉を出せ」とかは言いませんけど……せめてゲームとして成立させて欲しいなぁ、と思いますよ。いつも自腹の1万円で「何分遊べるか?」ってやって見ればいい、と思ったりします。

パチスロも同じです。特にヘビーユーザーは「自分の条件に合わない機種では遊ばない」というのが徹底しているように見えるので、お客様が少ない時点で避けてるところがわかります。

そして新台も打たない。というか新台が「どういうシステムか?」と把握してから遊ぶ、ということなのでしょうね。とても慎重ですし、まさに「お客様がお客様を呼ぶ」の逆をいっているのが、スロかなぁ?

ユーザーも新台が「利益回収マシーン」に見えて仕方ない……そんな人が多いのではないでしょうか? 前述した通り、せめてゲームとして成立する程度は担保されないと、これからもお客様の支持を得られるのは到底難しいと思うのですよ。

最近、業界の人もお店の人も、こう言った話に耳を傾けてくれるようになったので嬉しいのですが、それでも全体の参加率がどんどん減少していく中、ユーザーニーズと逆行している(=結果として)状態というのは、いかがなものかな?と。

まあ、そんなに大きな声を上げて主張しなくても、すでにお客様が離れてしまっているのが「答え」なのかもしれません。変わっていって欲しい、と切に願っておりますが……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・マリンちゃん、いつもビキニね、寒いのに…
(解説)
*通勤で通る時に見かけるパチンコ店。その軒先にあるサム&マリン等身大フィギュアを必ず見るのですが……季節柄、寒そうです(笑)。そして自動ドアの外から店内を見ると……。うーん、寒い。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る