> > まとまることも時には大事!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

まとまることも時には大事!
2013/11/26

ゆるキャラグランプリ、1位は栃木・佐野市「さのまる」だそうで。2位は「出世大名家康くん」(浜松市)、3位は「ぐんまちゃん」(群馬県)らしいのですが、驚きはそのネット投票の総数。約1743万票なんですって! 凄いなー、みんな「ゆるキャラ」大好きなんですね。49位の「ちっちゃいおじさん(兵庫県)」が個人的にはツボですけど。

さて本題です。今日は遊技機を販売する社長様との面談時での話を一つ。情報交換の意味もあって、四方山話からネタをいただいたわけですが……まあ、ホントにどの企業も「とにかく雰囲気が暗い」ということで。

どんどん市場規模が大きくなっていった時代とは異なり、すでにパチンコ業界は衰退期。成長戦略を描くことができないので、どうやって「スムーズに事業転換していくか?」とか、今のビジネスとはまったく異なることを考えている人が多いようです。それだけ現状が厳しい、という表れだろうと想像します。

今年はおよそパチンコでは220万台、パチスロでは130万台くらいの販売数量で終わるのでは? と予想されています。前年比でパチンコは大幅減、パチスロは微減ということですが、単価は若干上がっているので、市場規模は大きくなっているという不思議な構図です。

一方、お店の市場規模は……どうでしょうね? 低貸のシェアが大きくなっているだけに、表面上の数字は大きく下落しているのでは? と想像する限りですが、急激な減少はそれだけ業界内が混乱する要素が大きい、ということもあるので、気になっているところです。

ということで、話を戻しますが、現実逃避もあってか? とにかく「パチンコ業以外で、何か儲かりそうな商売はないか?」といった、本業とはまった く別な話題が出てくる雰囲気に危機感を感じています。

理想は本業の厳しい状況から逃げずに……というところでありますが、世の中の流れや法規制等々、様々な制約条件下で成立しているビジネスなだけに、思いきったことややりたいことを行えるわけではありませんので。

個人的にはメーカー・販社・ホール……すべての業界関係者の「連携」にあると思っています。そうです、経緯を見ても「まとまり」という面においては、実はまとまっていなかったりするので。

何が問題か? というと……例えば「やっちゃいけない」と言われているイベント的な広告宣伝であったり、射幸性を煽る告知であったり。厳しいのは理解しますけど、みんなでしっかり「ルール」を守ろうってことから始めないと、認めてもらえないですからね。

それとファン作りですかね? 主にメーカー主導で行っているわけですが、直接お客様と接するお店もまた、ファン集めに注力する施策が必要であろうと。ファン感謝デー等は定期的に開催されていますが、もっと頻度を上げても良いでしょうし、別な策でも良いでしょうし。

結果として、上手くいかないリスクもありますが、それよりも「まとまって、何かに取組み、真正面からお客様に向き合う」という意識付けの方が、今は大事なのかなぁ?って。

ヒントはたくさんあるし、本気でやろうと思えば、パチンコ大会だって、グランプリだってできる(笑)。クイズ大会だってできる(笑)。

素人の戯言でしかないですが……みんなで乗り切る気運が必要なのかもしれません。元気出して、盛り上げていきたいなぁ、うん。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・並ぶのは、銀行じゃない、……パチンコ店! 
(解説)
*毎月25日は銀行前に凄い並びができるのを見るのですが、小生は用事がない(笑)ので、並びません! ああ、預金がね、預金がね……。パチンコ店で並ぶしかないのかー。でも、増えるだけじゃなく、減るからなぁ? うーむ??




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る