> > 現実はしっかり見ないと……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

現実はしっかり見ないと……
2014/02/04

皆様、観ました? NFLのスーパーボール。凄かったしシーホークスは強かった。完勝でしたね。 ちなみにQBのラッセル・ウィルソンはですね、ダルビッシュと同じチーム、テキサス・レンジャーズと マイナー契約しているから、もしかして今年MLBのメジャーに昇格して、夏頃には見られるかも?です。 アメフトと野球との二刀流ですからね。格好いいですよ、ハイ。

さて本題です。2月に突入しました! この天気、「ジグザグ天気」というらしいですが、今日は春の 陽気で暖かく、大変過ごしやすい1日でありました。

月初という事もあって、調べものやら資料作成で奔走していたのですが、そこに1本の電話がかかって きました。

「実は……今月でお店を止めるので、ご挨拶にと思い……」

それは昔からお付き合いのあるホールからの電話でありました。疎遠で情報もなかった影響もあって、 凄くビックリしたので「どうしたんですか? 何があったんですか?」と矢継ぎ早に質問してしまいまし たが、この消費増税の前が、お店を閉める一番の「潮時」だ、と。

昔からパチンコ業界は「利益率90%だ!」とか、「儲け過ぎだ」とか、色々言われてきましたけども、 現実はとても厳しく、ほかの業界と何ら変わりないですからね。あっ? ちなみにパチンコの利益率は…… 恐らく今は20%前後かと思いますよ(笑)。負けている時は誰かが勝ってますのでね!

その会話で一番印象深かったのが「等価交換に交換率を変えたのが、最大の失敗だった」という一言。結局、 一物一価問題の時、「交換率を下げるというのは、集客下落の決定打になる」という判断で、パチンコを 「等価交換」にしてしまった……という事でした。

従来、30玉交換で営業していたお店が25玉交換で営業するとなると……とにかく調整は尋常じゃない程、 キツくしないと「利益が取れない」ですからね(笑)。結局、稼働が下がり、それを補填するのに 「新台入替」を繰り返して経営を圧迫してしまった……というわけです。パチスロは交換率変更はなかった ものの、パチンコ同様に「新台入替競争」に負けてしまい、独自性を出せなかった……と。

個人的には、結果論だしその時点での等価交換の判断が良かったか?悪かったか?は分かりません。 ただ、お店のやりたい事はすべてできたのかな?という点だけが、気になるところ。対応策は単純にパチ やスロ、低貸などの交換率を合わせるだけではなかったですからね。

それと、機械入替についても選定に「無理」はなかったのかな?とか。つい「機械入替の早さ=集客力 の強さ」と考えがちですが、それは何年も前の話。入替だけでなく、もっと違う要素も複雑に絡みあって いるから、力の入れ方を間違えると、逆に「お客様への還元率」を下げてしまう。「お金を使えば使う 程、お客様から回収していく=予算が上がる」わけですから。

……でも、お店を閉めるという事は、きっと閉めねばならない緊急性があったのでしょう。だから、そこ まで考えられなかったのかも知れません。暗い話題ですが、悲観せずに現実を受け止め、何とか「お客 様離れ」を業界全体で止めないといけませんよね。

個人的には…1カ月で1回くらいの入替で良いですから。交換率も等価でも30玉でも良いですから……。 もう少し、調整……なんとかして欲しいです! 

意見待つ! 

【今日のチャーリー、独り言】
・あれ?何で? 財布に諭吉が、おりませぬ…
(解説)
*2月に入ったばかりなのに……もう諭吉くんが一人もいません(笑)。これじゃ、パチやスロで遊ぶどころ か、外に出るだけコストが掛かる(笑)ってものですよ。こういう時は、籠もっているしかないなぁ。うん。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る