> > 出玉で競争して欲しいなぁ。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

出玉で競争して欲しいなぁ。
2014/02/17

“『笑っていいとも!』後番組、日替わりMC正式発表”なるニュースをキャッチしました。そういえば、もう「笑っていいとも」は、終わってしまうんですね。と、同時に、早いものでもう3月も近く、春はすぐソコ……という季節感を感じる今日この頃です。当面、消費増税の局面が凄く怖いんですけどね。どうなるんでしょ?

さて本題です。以前から気になっていたのですが、どうもパチスロ、お店側の人から「利益……全然取れないんだ」という相談を良く聞きます。と、同時に「新台発表が早過ぎ! 資金力ないから、全部買えないし、他店とは差がつく一方だ」と嘆く声も。

プレイヤー目線で良く聞く話が、お店が思う以上に「勝っている気がしない」「お店に●ッタくられている」という声が圧倒的に多いんですよね。なんでしょう? このギャップ……。

恐らく「(勝敗においては)パチスロそのものが難しい遊び」になっているのかも知れません。何も知らないで遊ぶには、遊ぶ人から見ればとてもハードルが高いのでしょう。

一方、お店側の「利益が取れない」っていう理由……これも純粋に全体客数が減少しているに加え、状態の悪い台にお金を突っ込まなくなっている、ということですかね。「宵越し天井狙い」「ゾーン狙い」「設定変更後の朝一挙動確認後狙い」とかとか。

言い換えれば、それ以外の遊技時間が「ゼロ」となれば、それは売上も上がらず、また、誤爆時の利益のカバーもできないというものです。

なので……新台で売上をカバーする他ないのでしょうし、一定以上の稼働を継続的にキープしていくには、出玉じゃない……って論理もわかります。平均稼働が下がって、誤爆の「リスク」まで考えたら、そりゃ利益出ませんよ(笑)。

ただし……現状の機種は、あまりに能動的に機械をコントロールできるような機種がないっていう部分。そこは個人的に問題かな、と。

残念ではありますが、結局「売れる機種」と「ユーザーに受ける機種」は相反するので、このまま現行スペックのまま数年続けば、ホント、ヘビーユーザーしか残らず、しかも出玉ではなく「入替勝負」のマーケットがやってくるのは明白。

地域一番店は「その競争の方が良い。他のお店は疲弊するし、競合からお客様を集められる」ということなのでしょうけど、二番手・三番手のお店はそうはいかないですからね。

「もう不可能だろう」と言われている、新規客の獲得……やはり難しくても、継続的に取り組んでいかねばなりませんし、ここはメーカーも協力して、そういった「ライトユーザー向け」の新機種開発をもっと取り組んで欲しいなぁ、と切に願う所です。

最初の「4000円〜5000円」で、大体、全体のゲームの流れがライトユーザーでも分かる……っていう機種でしょうかね? Aタイプだけでなく、AT機などでもそういった機種が出てくれば……少しでも「パチスロへの入口」が広がると思っているわけですが……。

優良店競争は「出玉でお願いします!」と思っている人、小生だけじゃないと思うんですけどねー。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・「改造」に、費やすお金は、●万円!
(解説)
*やりました……やりましたよ! 『CR仮面ライダーV3 』で初めてです。「改造」図柄が揃って大当たりしたのは! もう、これが見たくてずっと打ってたわけですけど、念願叶いました。写メ撮ろうと思ったら、すぐに「2」図柄に変わって間に合いませんでしたけどね。今日は超〜感動しましたよ。もっと言いまくろう(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る