> > 最初のボールは“開発”からです!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

最初のボールは“開発”からです!
2014/02/18

今週中頃より、関東地方はまたも大雪?という予報ですね。備えていても、なんとも防ぎようがない時もあるのですが、とにかく気をつけて欲しいものです。都心は……とかく雪には弱いですからね。ホント事故とか体調には十分にお気をつけください。

さて本題です。今日も朝から動き回っておりましたが、移動中に以前勤めていた会社の同僚とばったり。その人は、今ではパチスロの開発を手掛ける会社に勤めているようで、最近の近況など色々話をしたことを一つ。

パチンコもパチスロも「ヒット機の開発」に向けて、全力で取り組んでいるものの、なかなか作る事ができずにモヤモヤしている、と。それと同時に……冷静に考えれば「ヒット機」なのだから、そんなにいつでもたくさん「開発」するっていうのは難しい。しかもあくまで結果論だから……そんな話題になりました。

個人的には……まあいつも書いていますが、そもそも「お店の利益」と「お客様のニーズ(勝利、得する、お金が増える)」は相反する物。文章にすると、おかしな表現になりますが「お客様がお金を払って、機械で遊んでもらい、楽しい時間を過ごしてもらう。そして、また遊んでもらう」といったところでしょうか?(笑)。

お客様が少しでも負けて、お店が利益を上げなければ、当然お店もメーカーも持ちませんし。何回もお金を払って負けたとしても「遊んで楽しい」と思う機種作りって……簡単に書きますけど、そりゃ簡単には生まれないでしょうから、悩みは最もだ……と。

「一体、ユーザーは何を求めているのだろう?」と質問されたので、単純に「面白い機種だ」と答えました(笑)。

一部ヘビーユーザーで、パチやスロなど所詮「ギャンブルでしかない」という人から見れば、「つまんないこというなぁ」とお感じかもしれません。しかし、ヘビーユーザーばかりが残っていると思いませんか?(笑)。特にスロは立ち回りなどを見ても、ホント知らない人は「損する」と感じるだろうなぁ、って感じますもの。

なので、その勝負を求めるヘビーユーザーが求める「面白い機種」は、とにかく出率が高くて、一発逆転できて、差枚数性能に優れて……、かつ「その機種の特徴が一見わかりづらく、一般ユーザーがお宝台を落としてくれそうな機種」が良いのかもしれません。

でも、当然ですけど「面白い」の尺度は人それぞれ。だから開発面だって、ターゲットが異なり、色んなチャレンジがあって良いはず。昨年も大半がAT機ばかりでした。よく「ホールやユーザーが求めている」と言うけれど、結果……どうでしたかね? お店は減少傾向だし、ユーザーは減少しているし……。

やはり市場に「最初のボールを投げる」のは、企画・開発する人達ですから、是非さまざまなターゲット向けに、色んな機種の開発をお願いしたいものですね。無論、前述した「お店とユーザーの利益」をクリアした上で、コストダウンなり、出玉仕様は考えるべきですけど。

消費増税問題もあるから、恐らく低設定域は従来より出率の低い機種も出てくるなぁ、と危惧する反面、よく考えれば、小生もスロを打つ時「そもそもつまらなければ、スペックなど関係なく2回目はないなぁ」と思ったので、そこの部分を……頑張って欲しい! と熱弁しましたけどね。

業界の盛衰は、機械の開発力にかかっているといっても大袈裟ではないくらい、救世主の登場を待っていますよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・今日は『牙狼』……ノーマルリーチで、魔戒だよ! 
(解説)
*『CRぱちんこ仮面ライダーV3』の改造リーチからの当たりに続き、今日は『CR牙狼FINAL』のノーマルリーチで大当たりしましたよ! 珍しいこともあるものです。いつもは空気なのに……。これで今月の赤を吹き飛ばしてくれました。『牙狼』……ありがと。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る