> > 生き残りには「続ける力」を!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

生き残りには「続ける力」を!
2014/02/25

皆さん知ってました? 東京都練馬区の男性の平均寿命は81.2歳で全国第5位。しかも23区内では断トツ1位なんですって。練馬区とは何のゆかりもない(笑)小生ですが、これは凄いし知らなかったなぁ。長寿の秘訣ってなんでしょうね。うーむ。

さて本題です。今月は2月で28日が最終日という事もあって、この月末にかなりテンパっております! 毎月月末・月初は慌てるんですが、今月は少し早く訪れたように思います。

で、今回は「生き残り」という話題を一つ。「もう業界は終わった」とか「落ち目な産業は淘汰される」とかですね、暗い雰囲気が漂っているわけですが、総じて周囲の人達は「とはいえ、完全消滅するわけでない」とも感じているのですよね。

まさにそこは同意で、仮にどこまで悪くなろうと「生き残るメーカー・ホール・業界関係企業はゼロにはならない」と思うのです。むしろ、その状態が来ても「生き残っている企業は、どんな条件を持っているのか?」と。その事の方が大事だと思うのです。

メーカーでもお店でも……市場縮小局面では、いかに「シェアを増やすか?」っていうのが大事ですね。競合他社に負けないだけの「価値」を感じてもらうという事でしょうか?

言葉にすれば簡単ですけど、実際はそんな簡単じゃありませんで(笑)。最近「価値って何?」と考えるようになるのですが、その一つに「続ける事=継続」っていう要素もあるのかな?って。

例えばメーカー。「新機種を開発し続ける」「良い機種を作り続ける」「価格を一定に維持し続ける」等々。変化が激しいだけに、続ける事が「最も難しい」時代だと思うんですよね。

お店もそうです。「新台入替をし続ける」「薄利で営業し続ける」「一定の接客サービスを維持し続ける」など。時には目でわかるようなリニューアルとかも必要でしょうが、基本はお店の努力で「適正利益の水準を維持し、運営できるか?」って事ですものね。これまた、続ける事はとても難しいけど、もしも、企業努力で変わらず続ける事ができれば、これはとても強い力になっていくのでは?と。

無論、時代に沿って「変えていかなきゃいけない」ものの方が多いのは当然です。一方で「大事な部分を変わらず継続する力」っていうのもあって、その点もまた「生き残る条件」なのかな?と。

「継続こそ力なり」なんでしょうね。きっと。時間の感覚が早く感じるようになった今の社会で、ホントに大事な事を続ける難しさを個人的にも痛感する今日この頃です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・虚しいね、ツキない時の、リズム打ち……
(解説)
*久しぶりにニューアイムで勝負したんですけど……昔からペカらないと、リズム打ちをするんですよ。リール叩いて、第1ボタンプッシュから「ぺ〜カ〜レ〜……ペカッ!」と(笑)。第3ボタンを離すところでペカッて言うんですけどね。……数千円やって虚しくなりました。ヒキ弱い……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る