> > 週に1回はパチンコ店に行こう!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

週に1回はパチンコ店に行こう!
2014/03/05

うーん? どうなんでしょうね? 消費税アップで値上げした商品のうち、一番気になっているのが「自販機のジュース」です。120円から130円にアップ……。

コンビニなどの小売店に流れて、ますます自販機で買わなくなっちゃうんじゃないでしょうか……。3%アップで10円単位の値上げってなると、考えますよね。でも、電気代が上がるとか維持費を考えると仕方ないのかな?とも思いますが。

ということで本題です。先日、昔から知り合いのオーナーと話をしていた時「いやー、数十年ぶりにパチンコ&パチスロで遊んだよ」と言われ、冗談交じりに「ダメじゃないですか、ちゃんと遊んでくださいよ。業界貢献ですよ(笑)」と返したのですけども、現在の状況にビックリしていまして。

最近のパチンコは「ちっとも回らないなぁ」と。それを言っちゃいけません!と、これまた冗談で返したんですけども、まあ、回る・回らないよりも「システムが複雑で良くわからない」というのです。

オーナーさんなので、現場の細部に至るところまでは目が届かないということはありますが、せめて業界の大きな「流れ」だけでも「百聞は一見にしかず」ですので、現場を見て、たまには現状を体感・認識して欲しいです、と意見した次第です。

あっ? ちなみにパチスロはもっと「ちんぷんかんぷん」だってことで(笑)。説明を受ければすぐ感覚を取り戻せるけど!とおっしゃっていましたが(笑)。

そして「業界人がパチンコ・パチスロで遊ばなくなった」という話題へと展開。ホントに周囲の人を見まわしても、パチンコやパチスロで遊ぶ人が少なくなった、と。何がいけないのか?とか、経緯はどうであったか?という過去よりも、今後はどうやってこの離反したユーザーを取り戻すのか? ある意味、未来に「大きな理想」を持てないから、現状とのギャップ(=問題点)に気づいていないのかも知れない、と。

なるほど。将来が暗い・見えない……目標がないと現状維持でなんとか凌ぐ……そんなネガティブな気持ちを持ちますものね。たくさんの問題や理由は分かっていても「ユーザー獲得の有効策がない」という"もどかしさ”もありますし。

しかし、それでも……せめて業界関係者の人は「お店に立ち寄る=空気を感じる」というのを習慣化してもらいたいものです。お小遣いの問題や、お金が掛かるということもあるので、しょっちゅう遊べない人もいらっしゃれると思いますけど、外に出てお店に入って「観察する」ということはできます。入場料は無料です(笑)。

せめて週一、いや、月2回くらいでも良いと思いますね。現場に行ってお客様の顔を見ながら全力で、パチンコ業界関係者で「盛り上げていこう」という機運を作っていくことから始めればいいなぁ、と。

一番の敵は「無関心」ですからねー。仕事ということで週1はお店を見るというのを規則にして欲しいなぁ、と思ってしまうくらいです(笑)。

関係者、みんなでなんとかすべきですよ。うん。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・トキメキを、感じる前に、魔法出ず……
(解説)
*今日は『まど☆マギ』で勝負しました。可愛いっすねー(オヤジ風)。しかし、表面の可愛さとは裏腹に……何も起きず、ノーマネーでフィニッシュ。魔法を繰り出してはくれませんで。悔しいから、まだ撤去しないでくださいね。お願いします。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る