> > 気が付くのが遅すぎた……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

気が付くのが遅すぎた……
2014/03/13

さすがだな、アントニオ猪木。「元気があれば質問もできる。猪木の常識、(世間では)非常識で通っています」って予算委員会の質問でいきなりこれって、面白い。我が道を行くと言いましょうか、豪快な人が少なくなりましたよね。逆に今の時代は……そんな生き方は流行りでないのでしょう。うーむ?

さて本題です。今日は久しぶりにパチンコを打ったのですが、打つ前は少しだけ罪悪感を感じておりました。理由はただ一つ「仕事がヤマ程ある」という点。

読者の皆様も経験はないでしょうか? 用事があるのに……少しだけなら? みたいな……。悪魔のささやきが心の中でリフレインしてしまい、「どうせ、勝ったら疲れなど吹っ飛ぶ」という勝手な思いが……。そうです、負けるリスクだってあるんです! (当たり前ですけどね……)

どちらかと言えば「フラ〜」っとお店に行ったのではなく、鼻息荒くして向かったのが最初の誤りでありました。神様がいれば良いのですが、しっかり準備しない&警戒しない人に、幸福の女神はなかなか降臨しませんね。はい、これは実体験で経験している話で。

それでも「迷わず」行きましたよ。しかも、いつもとは異なり『CRルパン三世』の島にまっすぐ突っ込みまして(笑)。空き台が2台あって、ハマっている方の台に着席。総回転数301回転、大当たり3回という状態でした。

着席してからというもの、ゲームが進むにつれて、次第に「高校野球」を思い出してしまいます。それは、昔から「応援歌」の代表格みたいなところがありますものね。間もなく「選抜だなぁ」とか。

呑気に聞いていたら、あっという間に諭吉くんが一人いなくなりました。すかさず、二人目を投入。「あれ? そういえば……SPリーチに発展しないなぁ」という点に気がつき、振り返れば「疑似連×3」も来ないのです。左右両隣の激熱な演出を見て、なんとなく安心してしまった、アホな小生です。

そして…本日最後の「三人目の諭吉くん」投入です。お店に向かった時の鼻息の荒さ、台を確保できた安心感……そして、高校野球を思い出す程の楽しさ…。しかし、この時点でそんな感情は1ミリも感じません! 

残念なことに、そのまま飲まれて終了。またしても、左右両隣は確変をほぼ同時に当てて、連チャン中に席を立ちました。だって、打ちづらいんだもの。

「まだ動く時ではなかったのか……」と、どこかで聞いたことのあるセリフ(笑)を思い出し、「持ってない男」「今日は俺の日じゃない」といった感じで自らを慰め……そして、冷静になって反省です(笑)。

ま、機種の話をすれば、改めてルパンは文句なしに「面白い」と個人的には感じます。慣れ親しんだキャラクターとサウンド、大当たり時の連チャン性(=確変82%)など、期待が持てますものね。

真面目な話、「他機種はなんで同じくらい人気が出ないのか?」と、ユーザー目線で考えた時、なかなか2〜3万「取り戻せるかも?」という期待感が上ってこないことが一番の理由になりますかね。

基本、使ったお金よりも「プラスになる」という期待感がベースにないと、なかなか、甘デジでもMAXでも、人気版権でも……今の時代はキツイのかなぁ?って感じました。

さあ、残り3月をどうしようか?と、もう慌てている小生であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・不二子ちゃん、いくら使えば、出てくるの?
(解説)
*最後は泣きそうになりながら「せめて不二子ゾーンに入ってくれ! ハズレでもいいから」って祈りながら打ってたんですけどね。今日はホントにダメダメでした。これがパチンコですよねー。甘くないです。ホント。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る