> > 予想も楽しさの一つです
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

予想も楽しさの一つです
2014/03/28

「寝違えによる首の張りで開幕投手回避が決まったレンジャーズ・ダルビッシュ有投手」というニュースをキャッチしました。

残念ですね、開幕のピッチングを見たかったですが、まあ肩や肘ではないということなので、ゆっくり直して早くその勇姿を見せてもらいたいものです。それと、メッツの松坂投手のメジャー昇格、そうなると良いんですけどね。最近調子良いみたいだし。頑張ってもらいたいところです。

今日のテーマは予想。予想と言えば近年「パチンコ・パチスロ」の台選びという予想も大変難しくなってきていますよね。同じ機械なのに、お店によってこれだけ“違い”が出るのですから面白い部分でもありますけど。

「良いお店と良くないお店の見極め方」という点で言えば、単純にお客様がいっぱいいるか?いないか?で判断する人もいますし、新台入替の頻度・台数の多さで決める人もいます。不思議と「一番近いから」っていう来店理由が未だに1位なのに、お客様って言ってることと実際やることが違うケースも多いのですよねー。これ、アンケートの盲点だと思いますよ。

提案したいのは、お店選びも、もう少し見て欲しいなぁ、と思う視点。最近「パーソナルシステム」という大当たりしても玉箱がいらない仕組みというのが普及してきましたが、それを例外として、お客様がいっぱいいるのに、玉箱があまりない……ってお店はありませんか?

これは、いわゆる「連チャン・即止め」状態ですね。都心部などの駅前立地に多いパターン。短時間勝負を好むユーザーが集まるお店です。主力機もマックスタイプが多いかも?

逆に通路を通れない程の玉箱が積んであり、活況を呈しているお店は「客滞率が長く、粘る人が多い=常連さんが多い」という特徴を持っています。地方で郊外型で大型店などはこのケースに当てはまるかもしれませんね。

スロコーナーは立ち見ではなく、データチェックに奔走し、出入りが激しいお店はヘビーユーザーの多いお店ではないでしょうか? データ重視派で運や勘では立ち回らないという特徴があると思います。また、逆説的ではありますが、個人的にジャグラーコーナーにプロっぽい人が多数いるお店は、信頼がおけるのかもしれませんね(笑)。

無論、曜日であったり時間帯であったり……お店の立地によるピーク変動はあると思います。しかもお店だって商売なので、毎日お宝台に出会える程、甘いものではありません。お店選びという予想は難しい。されど「負けるリスクを低くする」という意味では価値ありますよ。まだまだ「ポイント」はたくさんあると思いますが、少しでもお店の情報や特徴を理解してから遊んでもらいたい、と思います。

人によっては、勝ち負けだって「10万円使って11万円勝つか?」というのと「1000円で11,000円勝つか?」という人もいますし、立ち回りの意味も違います。

さらに1000円でも良いから、365日全勝したいっていう人もいれば、ある1日だけ、夢のような勝ち方をしたいという人もいますし。月間、コンスタントにプラス収支の金額を決めて、お店選び・台選びをする人もいらっしゃる。ホント人それぞれです。

今でも大きな意味で「予想・選択」をしているのですけど、それも楽しいと思ってもらえる環境作り・情報公開はとても重要なのでしょう。データ表示機・出玉情報って、もっと重要視されてくると思います。うん。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・増税前、駆け込み遊ぶは、パチンコ店……
(解説)
*「増税前だから、買い込みしなくちゃ……」という気持ちは全く起こらず、逆に「早くパチ店で遊ばねば」という気持ちになっております(笑)。完全に職業病ですなぁ。もちろん増税後のお店の状態・変化というのも確認したいですよね。方針も変わるかもしれませんし。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る