> > 安く、長く遊びたい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

安く、長く遊びたい!
2014/04/01

「笑っていいとも」が終わってしまいましたね。さびしい感じもありますが、タモリさんには、少し休んでまた活躍して欲しいものです。そうそう、大好きな「タモリ倶楽部」は健在ですから。春はそういう季節なのかもしれません。

さて本題です。月曜日は3月最終日・決算期ということや、増税前日ということもあって、とても忙しかったですね。

お会いした人とも「早いね、時間が流れるのは……」という四方山話から、この先は……どうなっちゃうのだろう?という先行き不安……。

特に娯楽産業であるパチンコ・パチスロにおいては、大きな起爆剤や救世主が必要になるということでしょうか? まずは「業界人からお店に行って遊ばないと……」と諭しましたけどね(笑)。

で、今日はその話題ではなく……内規の変更の話を一つ。パチンコの方が中心となって内規変更がある模様ですね。近日中にも明らかになってくると思いますので、その中身については控えますけども、市場拡大の起爆剤になれば良いのですが……。

毎日毎日考えてしまいますが……機械の性能や内規変更などがあっても、パチの場合はやっぱり「安く、長く遊べる状態」を理想論じゃなくて、早くその状態を作らないとダメだろうなぁ?と。

いくらお店をキレイにしても、新台入替をしても……ファンが減少している事実から目を背けちゃいけないような気がします。

店舗の「業態開発」には、色んな策があるだろうと思います。例えばコストを徹底的に下げた「小型店」とか。無論、条件として都市部駅前地区限定となるわけですが、それでも「利益が出るモデル」を開発すべき。

さらに「羽根物専門店」「Aタイプ専門店」等々。パーソナルシステムはもちろんですが、人が少なくてもカメラ台数を増やして不良客の排除に勤め、防犯・安全を最優先にする娯楽施設を作る!……とかとか。

逆に『高級会員制パチンコ店』というのも良いですよね? パスがないと入場できない仕組みとか……。希望があればマンツーマンでお客様に「新台情報」を提供し、快適空間でパチやスロで遊んでもらうというわけです。ハイ。

お客様の生活スタイルやニーズが変化しているわけですから、マッチした「業態」にしていかないと、立ち行かなくなるのかなぁ?と危惧していますよ。

しかし、逆にパチンコ店の「エンターテインメント性」が薄れ、ギャンブル性に偏向しているのは、現在のユーザーニーズに「誠実に応えてきた」とも言えます。

問題は「それだけでは商売が続かない」ということ、需要と供給のバランスが崩れてビジネスとして成立しなくなった背景があります。だからお客様を創造していなかないと、もっと「ヘビーユーザー」ばかりになってしまうでしょうし、ここはなんとかしないといけませんよね。

ま、こうなったら業界全体で変えていかないと、どうにもならない問題でもあるわけですが……昔からある程度予測できていただけに個人の力のなさを痛感するわけですが。

……考えてみると、小生もユーザーとなれば「ギャンブル」だけになってきたなぁ、と感じます。勝たないことには「次」がないですからね(笑)。そして、勝てなくなってくると遊ぶ頻度も減るし、そんなものでしょう。娯楽産業なんですから(笑)。

4月はぜひ、出玉還元をしてください! ホント、お願いしますよ〜。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・アナゴでも、スロではとても、高価です……
(解説)
*『アナザーゴッドハーデス』……通称、『アナゴ』。少し打ちましたよ。何より夢のあるスロではありますが、何も起こらず(笑)、今日もノーマネーでフィニッシュです。うう、タッチが聞きたい……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る