> > 50代・60代の方のマナーの悪さ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

50代・60代の方のマナーの悪さ
2014/04/02

昨日はエイプリールフールでしたね。……そんな中、驚きのニュースをキャッチしました。なんでも『高級車ブランド「Audi」が寿司産業に参入』ですって! しかも、2014年度内に全国500店舗出店予定とかで。まず、銀座にフラッグシップ店を作るんですって。楽しみだなぁ(笑)。

さて本題です。今日も朝から東奔西走、動いておりました。最後にクライアント先に出向き、定例会議だったのですが、そこで出た話題を一つ。

なんでも……最近、とある「トラブル」が起こっており、実際に調べて犯人を捜してみると、それがすべて「50代〜60代」の団塊の世代の人達だった、と。

ちょうど「50代〜60代の人達のマナーの悪さ」というニュースを見たばかりだったので、敏感に反応してしまったわけですが50代〜60代の方の問題行動、ホントに増えたように思います。

まずは「歩きタバコ」ですね。しっかりと「喫煙所」を設置しているにも関わらず、お店を歩き回るのは50代〜60代の人ばかり。えっ? なんでそんなことがわかるの? と言えば、いつも来ている人の年齢くらいは覚えている、ということでありましたので。もちろん、雰囲気もそのくらいの年代の方でして。

もちろん、接客業ですからね、やんわりと「注意」するわけですが、まぁ、直らない。タバコの火が他人に当たったら、どうするつもりなんでしょうかね?「いつ、イエローからレッドカードにするか?」なんて話をもしているくらいです。理解不能……。

もう一つは「ゴミ」です。ゴミを所定のゴミ箱に捨てない……休憩所を散らかすのも年配の方ばかり……という話でした。

50代〜60代といえば、良識のある方が多いという認識ですが、一部でこういった「わかりやすいマナー違反」を目の当たりにすると、お店も対応に困るというものです。

お客様は神様ですけど……自分の家じゃないですからね、お店は(笑)。

ICカードの盗難やら、トイレットペーパー盗難、置き引き……と挙げればキリがないのですが、前述した通り、お店の中で発生しそうな「わかりやすい犯罪」は決まって50代〜60代の高齢者の方(笑)

誤解がないように言いますと、あくまで一例だし、すべての50代〜60代の人が「悪い人」という事ではありません。昔と比較し、圧倒的に増えた&目立ってきたということと、人口統計的にも人数が多い&パチンコ店の主要顧客となっている……等々が影響しているのかもしれません。

それでも……社会が混迷していて、将来不安も信条的には理解できても……やはりダメなものはダメです。パチンコ店なら「何をやってもいい」というような雰囲気、昔の「イメージ」を持っている世代なのかもしれませんが、もう時代は変わっていますから。

最も、このままいけば、未来は高齢者の犯罪事案が増えるのかも? と思うと、少し怖い気がします。大人は最低限のマナーを持って生活する社会であると良いのですけどね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・新人さん、早速パチンコ、すぐ分かる……
(解説)
*今日は「新社会人」らしき人をたくさん見かけました。初々しいので一目で分かりますよね。お店でも「それらしき」人が遊んでおりまして。今日は早上がりだったのでしょうか? それとも業界人か?(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る