> > スロを避けたい理由……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

スロを避けたい理由……
2014/04/04

最近、建設業でのワーカー不足が声高に叫ばれております。人手不足ということですね。思えばリーマンショック後に大量に建設業から離れて、職人さんがかなり不足しているとかで。仕事が出てくるのは建設業が多いですから、オリンピックまで必要な人材は確保し続ける事ができるのでしょうか? 心配ですね。

さて本題です。今日はスロの話題。とある友人から「最近、スロ、打ってる?」と質問され、答えに窮することがありました。

新機種については、概ね全機種、導入前に取材し試打をするのですが、店舗では、最近特に避けている傾向があります。

質問されたので、自問自答し考えてみると、理由の一つは「設定」です。業界人ということもありますが……「設定1」がほとんど……という市場環境で、遊べない! という心理的圧迫!

もちろん、これは小生が勝手に思っていること。真実はわかりませんし、推測の域でしかない。「座って設定1だったらどうしよう?」ではなく「設定1じゃなさそうなので、ラッキー」と考えるのは本意ではないのです。うん。

二番目が「勝てそうにない」ということ。パチも同じですけど、低設定で「事故待ち」する程、自信家じゃありませんしね(笑)。オマケにスロは「大量出玉獲得には一定の時間を要する」ということで、ネガティブな理由ですけど、パチを選んでしまう……。だって、勝てないと「次」がないですし、遊べないですからね。

三番目が「混んでいるお店と空いているお店がハッキリしている」という点。これはですね……スロコーナーは特に顕著! 単純な例ですけど、ジャグコーナーで大当たり回数が上っていなければ、なかなか怖くて打てませんよね?(笑)。

逆に混んでいるお店の空き台は「なぜ? 空き台なのか?」を雄弁にデータが語っているような気がして危険な匂いがしますし。偶然の「運」に頼るなら、出玉スピードがあって、射幸性の持てるパチに行ってしまう、というわけです。

その他、スロの楽しみ方や「打たない理由」は人により様々で多種多様、存在すると思いますが、やっぱりプロじゃないので「生活の中心」……起きている大半をパチやスロで勝負し稼ぐ、という生活じゃないので、自然とそんな感じになっているのかもしれませんね。

低投資で、長く遊べて、勝って、かつそれを継続して収支をプラスにする……。それが最大の理想ですから(笑)。

最も、個人的にはそれだけじゃないし、そんなに甘いもんじゃないことも承知していますよ。仕事も……パチやスロも。少し時間が欲しいなぁ、と思うと同時に、自分のスタイルに合うお店を早く探したいと思っております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・雷雲も、10回続けば、珍記録……
(解説)
*述べ11回続きましたよ。「雷雲モード」突入時の“小当たり”が。泣きたくなるような瞬間でしたね。ルパンは好きですけど、雷雲モードは嫌いになりそうです……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る