> > 結構、変化がある?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

結構、変化がある?
2014/04/09

「仁丹カプセル、驚きの使い道 シロアリ駆除に活用」ですか。この技術の応用は凄いなぁ。既に一定の成果を挙げているということですから驚きです。またレアメタルの回収カプセルの実用化に向けても動いているのだそうで。日本という国はホントに凄いな、うん。

さて本題です。今日は日中、暑い程の暖かさでしたね。朝晩はかなり寒いのですけど。

で、さっそく聞いた話なのですが、今回の消費税対応で完全に「外税」として、パチンコ4円→4.32円で営業しているお店があるようです。で、驚きは完全等価交換で「4.32円」で交換しているという話がありまして。

「凄いなぁ、これは打ちにいかないと!」と、直感で感じたのと同時に「調整はどうなっているのだろう?」と考えてしまいました。きっと、平成版「鉄火場」のように、ギラギラした人達が粘り倒している光景を想像してしまったのですが(笑)。

1日遊んでいれば、かなりの「差」となって結果が出る可能性がありますからね。うん。

もう一つは「MAX機しか設置していないパチンコ店」の話。既に、低貸や甘デジなどの機種は完全にあきらめて撤去した模様です。これもまた、少し逆行したスタイルなのでしょうけど、地域性やお客様の嗜好性を考えると成立する場所があるのでしょう。

地域一番の高稼働で座れない程の賑わいをキープしているということでしたね。

どちらのお店も他店とは異なり「特別なお店」として差異化を図りたい、という意図が見えますし、もしかすると、地域のお客様の「リアクション」を観察しているのかもしれませんね。

このように「貸玉」で変化をつけることや、大型化だけでなく「専門店化」する業態開発も、パチンコ店に残された、数少ない「差異化ポイント」の一つとなっていることを証明するような話題でありました。

その他「入替をしません(その予算をお客様に還元します)」と宣言したお店や、4月より「出玉還元重視で薄利営業」を徹底して行うお店もあるようです。

お客様の争奪戦は見えないところで激しく行われているんだなぁ、と感じると同時に、いずれも「お客様に伝わりづらい」部分であるので、時間も必要……且つ継続的な取り組みが求められているのでしょうね。

皆さんのホームのお店は、どのような戦略を取っているのか……もう一度、観察して欲しいところですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・悪魔だね、ハーデス打てど、養分です……
(解説)
*か・な・り! ……予習して勝負したんですけどね、ハーデス(笑)。まあ、何も起こらずノーマネーでフィニッシュです……。勝てる人は相当勝っていると話に聞くんですけどね。うーむ??




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る