> > 新台がたくさん出ますよ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

新台がたくさん出ますよ
2014/04/18

凄いなぁ、「若手のやる気を削ぐ50代“不良在庫社員"の言動」なるニュースをキャッチしました。多くの企業が「もはや会社が、50代男性に期待をしていない」という意見。ん〜?? 人によるかも?と思いつつ、ここまでバッシングされるのもどうなのかと思ってしまいますが。なんせ「4人に1人」が65歳以上の日本ですからね。企業はどうなっていくのでしょう?

さて本題です。先週から今週にかけて、パチンコ&パチスロの新機種発表が相次いでおこなわれています。実はこれには一つの理由があると思うのですけどね…。…

あくまで推測ですけども、7月に「多数の大型版権機種がリリースされるかも?」という事です。買うお店の「予算」も、ここに振り向けるべく無駄遣いは止めようという状況なのに、多数の新機種が出るのはその事なのでしょう。

例えば、検定通過している京楽の『ぱちんこAKB48パート2』とか。海の日があるので『海シリーズの最新機種』もその頃に出るのでは?とか。オマケに、あの『牙●』のシリーズ最新機種』も登場するかも?って話ですからね。

他メーカーから見れば、バッティングするのを避けてその前後で販売台数を伸ばしたい、という事なのかも?って。

パチスロも6月に『蒼●の拳』が出る?って噂もありますし、あの『番●』のシリーズ機も7月〜8月にも登場予定?という噂もあります。(適合済ですしね)

個人的には「新台がたくさん出てくる」のは、嬉しいのです。おそらくユーザーもお店も期待しているし、活性化するんじゃないか?と。

問題は「既に新台はしばらく甘く使われる」という気持ちに、ユーザーはなっていない事かな? だから新台導入しても、集客に与える影響は小さくなっているのでしょう。

振り返ると……昔は「新台はお祭り調整だ」というお約束を守っていた(実際はそんなのはないが……)お店も多かったですものね。そういう「努力」もあり、朝から並んで新台を打つ「モチベーション」もあったし、並ぶだけの恩恵が受けられる……そんな期待感もありましたから。

新台だったら勝てるんじゃないか?という期待感……「ユーザーへの刷りこみ効果」があったからこそ、新台入替の効果は高かったわけであり……。今はなんだか「新台入替そのものが目的」になっているような?

機種は導入されてからの方が大事だと思うし、メーカーもお店もそれは「十分理解している」のだけれど、他店との競争に目がいき過ぎて、ユーザーの方に目がいかなくなったのかな?って。

もう一度、原点回帰じゃないですか。「ユーザーへの刷りこみ」の作業(=出玉還元メイン)でいくのか? それとも新台入替のサイクルを上げて、店舗拡大を狙っていく(=大型化)に進むのか? 注目ですよね。

そうそう、なんせ「高齢化社会」に向かってますから(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・超天竺、意外に冷たい、お釈迦様……
(解説)
『CR超天竺』は…面白いですねー。こういった機種は「メイン」になれないかも知れませんが、必要不可欠なジャンルだと思うので、シリーズ機を出して欲しいですね。今度、甘デジも出るみたいですけど(笑)。でも、意外に冷たかったです。お釈迦様……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る