> > すでに追いつけないレベルに……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

すでに追いつけないレベルに……
2014/04/21

「プロ野球の球団を増やして日本経済の活性化を〜」って、国会議員が話し合いをしているようですね。なんでも、セ・パ両リーグを各8球団にして、議員連盟を立ち上げるとか……。ところで、カジノはどうなったんでしょうかね? 緊急案件が多すぎて、全然進んでいないような?? 水面下では進んでいるのかな? うーむ。

さて本題です。なんだか急に寒くなり、天候が変わりやすい毎日ですね。春だなぁと思うところですが、休日を利用して色んなパチンコ店に視察・遊技に馳せ参じました。ま、どちらかと言えば「遊び」(笑)。

しかも今回はホームではなく「東京でも1番か?2番か?」と噂の高い、超優良大型店へと遠出したわけです。東京ですけどね。

行って見ると……す、凄い! 噂は本当でした。とにかく人・人・人!

呑気に午後から行ったのが間違いなんですけど、店内は熱気に溢れかえっていました。いったい、どこにこんなお客様がいるのだろう?と思うくらい店舗外は意外なほど静かで。そのギャップも楽しかったわけですが、増税後に消費マインドが冷え込んでいるって何?という感じ。

数機種、打ってみたのですが、パチンコはそんなに「良くもなく、悪くもなく」至って平均的、という感じでしょうか? 機種構成も平均的で、特別な事をしている様子もありません。設備投資も平均的。悪く言えば他店の「良いとこ取り」のようなお店です。

でもホントに凄かったのはパチスロで、1台も空き台がなかったのにはビックリ! 周りに人がいっぱいいて、狙っている人達も多く、殺気立っていましたよ。機種構成も新台ばかりでは当然ありませんしね。強いお店というのは、どんな機種を入れてもちゃんとお客様を「つける」という証明でしょう。

仕事モードで少し考えた時……ここまでお客様の支持を得ているなら、ぶっちゃけ「新しい事」をチャレンジするまでもなく、他店で良いやり方、良い機種を「後出しじゃんけん」して投資していけば、競合店には少なくても勝てるな?と。パチンコ業は風適法があるし、真似「しやすい」という面もありますから。

ただし、プレイヤーの絶対数が少なくなっているので、ここは自助努力しかありません。人口動態も変わり、高齢者向けサービスを充実しつつも「古臭さ」を抑え、店舗内での斬新さを創造する必要がありますから。

ここが弱小店とは異なる課題があるのでしょう。改めて……お店の格差、広がりましたよね。ま、それもそのはず。目指している「目線の高さ」が違うのだから。強いお店は「大型化」を進めて商圏を広げ、ローコストオペレーションにより、さらに市場は寡占化するのでしょう。

ちょっと中小ホールが追いつけるレベルにないほど、強いお店はどんどん強くなっていくように感じます。お店選びはホントに大事です。うん。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・4万円、魚群見たのは、1度きり……
(解説)
*自分の中では「あり得ない」ほど、負けたんですけど……(笑)。特に『CRスーパー海物語 IN 沖縄3 桜マックス』は、250回転くらいから……1000回超えまで。途中で自分の中の「何か」が切れまして。魚群1回しか見られなかったものなぁ。パチンコって怖い怖い……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る