> > 台選びもお店選びも「消去法」で
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

台選びもお店選びも「消去法」で
2014/05/02

兵庫県尼崎のゆるキャラ、ちっちゃいおっさんが裁判沙汰になっている?というニュースを発見。裁判とは大人げない話でありますが、何を争っているのか気になりますね。。ちなみに……一番好きなゆるキャラは、くまもんかなぁ?(笑)。

さて本題です。今日も仕事だったので、あまりGW中という感覚がないのですが、東奔西走、動いておりました。

クライアント先のスタッフと「GW中、みんな、パチンコ・パチスロ、打ちに行くの?」と聞くと、一斉に「仕事です!」と言われ……。「す、すいません……」と思いつつも、シフトで休みの時などは、どんな立ち回りをするのか?聞いてみたわけです。

お店にもよりますが、GW中は「利益を獲りにいく」ところが多いと噂されていますが、年間通して考えるとGW中も年末年始もお盆も「関係ない」状態にあります。

というのも、休みが分散しているという影響や「余暇スタイルが変わった」というのが一番大きいのかもしれません。こぞって「パチンコ・パチスロを遊ぶ」という動きではない。

ま、大体、企業の御給料日が「25日」というのも、多数を占めていますが、今や企業によってバラバラですしね。年金受給日は確定していますので連動した動きになっているかな、と。それと休日も働く時間帯もバラバラ。「9時・5時」という人だけではないですものね。

おおむねユーザーがお金のない時にお店に「来て欲しい」といくらアピールしても、遊びづらいというもの。新台入替だけでは集客のトリガー(きっかけ)に繋がらない……のかもしれません。

もっともパチンコもパチスロも多少の「技術介入性」はあれ、大半が「運・不運」で勝負が左右されるから「出るかも?」という期待は最初から持たない方が良い……そんな遊びになってきているのも現実かな?と。

どちらかと言えば「このお店だけはいかない」とか「台選びでも、この条件では絶対打たない」とか、ネガティブではありますけど消去法で立ち回る遊びになっていくのかもしれませんね。

やはり日々のおこないが大事って訳ですよ。皆様のGW中のご武運をお祈りしております。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・五右衛門は、意外に足が、早いのね……
(解説)
*あの風貌なので、五右衛門は意外に足が遅いんじゃないか?と思ったりしていましたが、演出上はルパンや次元に負けないくらい速く見えますよね。いいなぁ、五右衛門は。カッコいい。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る