> > エンタメ性とギャンブル性って?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

エンタメ性とギャンブル性って?
2014/05/16

ちょっとだけいいですかね? 日本のプロ野球……巨人が3連敗というニュースを見たのですが、応援している西武ライオンズはというと……どういう事ですか? この弱さ(笑)。ブッチギリの最下位ではありませんか。勝負事なので仕方ない部分もありますが、ミラクルを起こして欲しい。頼む! ……楽しみがなくなってしまいますよー。

という愚痴にも似た叫び(笑)から本題です。昨日も朝から色々動いておりました。朝晩は涼しかったのですが、日中は少し暑い感じがありましたね。

今日もホール関係者の方とパチンコの内規変更が出たっていうニュースから、もっと業界全体が活性化する糸口やチャンスはないものか?という話題になりました。

コンテンツとして、メーカーがリリースする遊技機が市場を引っ張るというのは歴史を見ても事実なので期待も高まるというものですが、なんせここ数年のユーザーの反応は鈍い……。

「お金を無駄遣いしない」とか「損したくない」という近年の消費者心理のトレンドもあるでしょう。だって、パチやスロは昔から「無駄遣い」と言われる代表的なレジャー(笑)。余暇の「遊び」であるにも関わらず、また偶然に大勝ちしても、過去の「負けた時」の悔しさが、勝った時の「楽しさ」を消してしまう事もありますからね。

話をしていて、純粋に「楽しもう」とか「お小遣いを増やそう」というユーザーと「過去の負けを取り戻そう」というユーザーでは、最初からパチやスロを見る「動機」が違いますし。「ギャンブル」の宿命とも言うべき部分でしょう。きっと。

悪く言う人もいますが、個人的には「エンターテインメント性」も出せるし多少の「ギャンブル性」も持ち合わせている……この「中途半端」さが、パチンコ・パチスロの良い点だと思っていました。

でも、最近はお店もキレイで、遊技機も高価で認知度の高い版権とのタイアップ機が大半を占めるようになり……。しかも、一物一価の影響で等価交換が圧倒的に増えて、射幸性も上がった。でも、ヘビーユーザー層が多額のお金を使って、全体の参加率も減少してきた……という事実。整理するとこんな感じ。

きっと、いまメーカーもお店もとても苦しいのは、前述した「エンタメ性」と「ギャンブル性」という「中途半端」さを維持するために、コストがかかり過ぎるという部分があるのではないでしょうか。

特に「エンタメ性」を出すために版権取得はもちろんハードも凄く進化しているし、お店にもそういう部分がありますしね。

残念な事に……あまり伝わっていない&浸透していないって事かな? 一般に。

今後は……まあ、緊急性はさておき、未来は高齢化社会にまっしぐらですから、ハード面・ソフト面含めて、改善していく方向になるのは間違いないのでしょう。ギャンブル性は、遊技機性能に絡みますので、規則改正とか大きな変更があれば変わっていくのでしょう。

エンタメ性は、テレビCMの自粛などメディアに対しても慎重な対応を続けている業界なだけに、なかなか「パチンコ・パチスロ発」のコンテンツを発信しづらい状況ですからね。「エンタメ性+ギャンブル性」というのがパチやスロなだけに、余計に難しいところ。

あと数年すればもっと明確に方向性が見えてくるかなぁ、と個人的には感じていますけどね。とにかく頑張っていかないとですね……。うん。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ウルトラマン、演出だけは、常に派手……
(解説)
*今日はゾーン狙いで、パチスロ『ウルトラマンウォーズ』でいざ勝負です。演出はホント派手ですよね。移行を繰り返しつつ、気合いを入れてレバーONするも、何も起きません(笑)。そんなに甘いものじゃないのは知っていますが、夢がある機種だ!と思ったのが素直な感想です。撤去しないで欲しいなぁ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る