> > ブレない部分も持って欲しい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ブレない部分も持って欲しい!
2014/05/21

『太平洋クロマグロ資源回復望めず』ですか。やはりマグロ……獲り過ぎだったのですね。なかなか自然に数が戻るには時間がかかるというニュースでありますが、これからは養殖に加速していきそうな勢いを感じます。このニュースに反応したのは……何だかパチンコ業界にも同じ事が言えるなぁ?と思ったわけで。どうなる事やら……。

という事で本題です。今日も朝から東奔西走、駆け回っておりました。帰路につく頃には大雨が降ってきて、季節の変わり目を感じますね。さすが5月!という感じ。

今日のテーマはパチスロ。ある店長から「GW後のパチスロ、どうなっちゃったのでしょう?」という質問を受け、さらにその理由を聞いてみると衝撃的でしたね。

GW後は稼働下落も仕方ないのですが、問題はその予想よりさらに10%〜15%程度稼働が下落しているという点。その上、下げ止まらず機械入替をしても反応がどんどん鈍くなっているという点。

特に中小ホールは悲鳴を上げているという状態です。6月も7月も8月も……当面は従来通り「新台入替メイン」だろうと思いますが、とても心配であるということでした。

もちろん以前から、似たようなケースはありつつも「急にお客様がいなくなった」という現場の雰囲気があるようです。何があったのでしょう?という話でして。

原因を考えてもネガティブになっていく(笑)だけなので、どうするか?って話を打ち合わせていたら、最近は「イベントっぽい」グレーな取り組みをするお店も出てきた……とかで。

特に「メール関係」や「ポスター」などに、お店の想いを込めたものが増え……なかには店前で呼び込みを行い「●●機種が空いているので、そこまでご案内します」と席まで誘導するお店もあるとか。

気持ち……気持ちは分かります。共感できます。現場はとても厳しい……。でもダメなものはダメですし、いまだ「やったもの勝ち」の体質、エスカレートしていく種を作る事は"崩壊への道"へとつながるのは自明の理です。まあ、いくら個人的に言ってもギリギリのところで毎日集客の攻防をしているお店の人にはなかなか届かないのが残念ですけど。

お客様から見れば、お店ごとに差を感じられない場合、見た目の「大型店」「新しい」「設備がキレイ」「新機種の台数がある程度設置されている」といったお店に足を運ぶという流れなりますから中小ホールはとても厳しい。

だからこそ、しっかりコンセプトを定めて「ブレずにお客様のニーズを満たす」という方向に集中して欲しいのです。速効性はありませんが、今のパチスロの「楽しい部分」をお店発信で伝えるとか「設定調整」で楽しませるとか……。色々チャレンジする方法はあるのですけどね。

無論、ある程度の「新台入替」や「リニューアル」などの設備投資も必要ですが、変化を出す「部分」と「ブレちゃいけない部分」はハッキリさせておくべきかな?って。もっとしっかりマーケティングして……機械研究・機械選びや調整方針を固める。長期的視点で言えば、一定数の支持が得られると思うのですけども。

人の問題かもなぁ、と感じる部分もありますね……、うーむ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・阪神が、負けた翌日、花形で! 
(解説)
*毎日、気になって気になって仕方ない『猛虎花形』ですが、ホームのお店にはバラエティに1台しかないので、データを見ると……「そろそろ撤去されるなぁ」と思ってしまいます。なので、阪神が負けた翌日は必ずデータチェックに行き、勝負を仕掛けようと思う今日この頃です。シーズン終了まで撤去しないで欲しいなぁ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る