> > 新台入替の効果は??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

新台入替の効果は??
2014/06/02

人口減克服に早期に出生率を回復させなければならない、という政府コメントが出たそうです。うーん? なんだか今さら?って感覚を否めない部分と、政府が主導で動けば出生率が抜本的に回復するのだろうか?という疑問もありますよね。今の社会のシステムを大きく変える方向になると良いのでしょうが……難しい問題っすよね。

さて本題です。さあ6月。月も変わったので、早速パチンコ店に足を運びました。で、打った台は、またも『CRルパン三世7』です。だって、台の選択のファーストチョイスはルパンと決めてますから(笑)。しかも、新台にあまり魅力を感じないのですよね。最初から期待できないというか、同じお金で遊ぶなら好きな台を打った方が良いといいましょうか……。

ま、結論からいいますと、ちょい負けではありましたが「不二子ゾーン」には突入したし、島谷ひとみさんの歌も聞けた事だし、実は満足しております。

そんなルパンを打った実戦話はさておき、新台入替の効果がホントになくなってきているのに、お店は毎週のように新台入替しますよね? パチンコを打ちながらですね、その理由を考えてみたわけです。

まずは「オブジェ」のようになっている機種がたくさんお店に存在している点。どうしても時間の経過とともに稼働は下落するわけですが、そのスピードが早いので入替して全体の稼働を上げるという狙いもあるのでしょう。

ところが……新台入替を進めても、全体の客数が伸びなければ、ところてんのように「ほかの機種の稼働が下落する」ので、結果として全体の成績が飛躍的に向上するわけではない。無論、当たり前の事……とお店は割り切って入替をするのでしょうが、コストはどんどん掛かりますよね。

もう一つ、新台入替しか「お客様にアピールできる部分がない」という事かな?昔のイベントのような煽りはできませんから、告知の方法は新台入替を中心とした「ハードの変更」という事に限定されている理由があると思います。

出玉とは関係ありません(笑)ので、以前のお約束のように「新台入替時=甘い」という認識もお客様の間では薄れていますし。

さらに低貸コーナーへの「早期移動」という手も出てきましたよね。新台導入後、1カ月くらい経過した後には、一部を低貸コーナーへ移動するというケース。いきなり新台を低貸コーナーに設置するお店もありますが、フロア全体の活性化という事を考慮すれば、作戦として供給数を増やしておく、というのもあるのかな?って。

考えられる理由をつらつらと挙げましたが、ファンにとっては新台入替時の「ワクワク感」は多少薄れたとはいえ、もしかしたら「最大のお気に入り機種」になる可能性があるわけで、いち早く遊んでみたい、というニーズは今後もお店は、可能な限り満たすべき部分なのかも知れません。そのための新台入替……という意味合いもありますからね。

最後に……全然関係ない話なのですが、内規変更でヘソ入賞1個戻しで甘い確率で「くるくる回せるパチンコ」というのは、今のユーザーニーズにマッチしているのかなぁ?と考えてしまいました。結局、お店が「フツー」に使うだけで利益が取りやすくなるのみ……そんな危険性を持っているのでは?と思ってしまいましたよ。

どう考えても、投資金額に対して遊べる時間は短くなるのですから、余程、面白い機種でないと……ね。メーカーにとってもハードルが高そうなイメージを持っていますが(笑)。どうなんでしょうね?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・燃えている、赤いボタンと、お財布が……
(解説)
*ルパンでボタンが赤く燃えているのは嬉しいけれど、結果として負けたのでお財布も大炎上であります。面白いだけでパチンコはダメなんですけどね。なんとしてもリベンジせねば!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る