> > やばい? パチスロ?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

やばい? パチスロ?
2014/06/03

気のせいでしょうかね? ワールドカップサッカーが近いというのに…あまり盛り上がりを感じないのですよ。もちろん、日本の裏側であるブラジル開催という事もあるのでしょうけどね。まあ、大会期間中になれば、それなりの盛り上がりを期待したいところです。ハイ。

さて本題です。どうしちゃったんでしょうね、日本は?(笑)。暑い暑い……。熱風が入ってきているという事で少し落ち着くと良いのですが、外回りしている身としては大変キツイっす。ま、愚痴っても仕方ありませんけど。

という事で、今日は6月最初の月曜日という事もあって、どのお店も新台入替が活発におこなわれていました。結構、店舗を回りつつ、サミーの『CR化物語』ですとか、大一の『CR忍者ハットリくん』あたりが人気を集めているのかな?という感想です。ま、残念な事に新台は打てる状態ではなかったですけどね。

次いでパチスロコーナーに目を向けると……驚く事にお客様が少ない! これはちょっと衝撃的でしたね。以前はこんなレベルではなかったのに……という店舗が複数ありました。

このパチスロの「離反スピード」というのは、どういう事が原因なのでしょう? 相当、危機を感じた次第です。

理由は……色々あるのでしょうね。「打ちたい機種がない」という事から始まり「勝てそうにない」とか「お金がない」とか。無論、平日で休み明けの月曜日。夕方の稼働という事もあるので、タマタマいなかった……という可能性もあるのでしょうけど、明らかに1年前と比較しても今の状態は異なるわけで。

この事実はしっかり受け止めなければいけないと思いましたよ。

単純に言えば「面白くない」という事なのでしょうけど、以前にも書きましたが、日本人は「ムード(=雰囲気)」に弱いですからね。景気などは良い事例ですが、消費マインドが上がると景気も上向きますよね。パチンコもパチスロも同じで、ヒット機が出てくると、オピニオンリーダーに引っ張られる事は間違いないわけで。今はまったく逆方向に進んでいるのかなぁ、という感じです。

キッカケは、きっと遊技機という事になるのでしょう。大事なお小遣いを使ってパチンコ店に遊びに行くというのは……そりゃ、自分の好きな台を打つ、というのが最大の目的で、さらに勝つ事でリピートにつながるわけですから。

パチスロユーザーの方が、運・不運に任せるのではなく、慎重な立ち回りをするユーザーが多い分だけ、一般のユーザーが少なくなる事で参加率も減少してきているのかな?と個人的には感じるところですよ。それだけヘビーユーザーの「濃度が濃くなった」という事になるのでしょう。

いち早く、ライトユーザーや離反ユーザーをパチスロコーナーに戻すためにも、過去の人気シリーズ機はもちろんの事、できるだけ「公平感・納得感」を感じる機械作りというのが必要だと思うのですよね。少し、ヘビーユーザー向けに機種開発が偏り過ぎていると言いましょうか。

「救世主的なパチスロ機の登場」がない限り、このまま市場がどんどん縮小するんじゃないか?と思ってしまう程の現状を業界全体で共有する事が大事だと思うのですよ。来年は消費税も10%になると思いますし、高齢化はどんどん進みますし(笑)。

みんなで盛り上げていきたい、と思った今日この頃です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・甘デジの、魚群は魚が、少ないね……
(解説)
*お金がないので、甘デジばっかり打っていますが、せっかくの魚群発生→大当たりも出玉が少ないので、すぐに持ち玉がなくなっちゃうんですよね。3000円の負けだったのですが、とても複雑な気持ちになりました……。うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る