> > しっかり選んで欲しいですね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

しっかり選んで欲しいですね
2014/06/06

ソフトバンクが「人型ロボットを開発、発表」ですか。本格的なロボット時代到来……といったところでしょうかね。介護分野のみならず、未来はいろんな所でロボットが普及したりして。ちなみに販売価格は19万8000円(税別)を予定しているそうですよ。人工知能を持った店員のいるパチンコ店ができるかもしれませんし、楽しみですね。

さて本題です。今日は雨が凄かったですね。本格的に関東圏も梅雨入りということで、折り畳み傘が手放せない時期となりました。少し遅い打ち合わせもありましたが、日課であるパチンコ店を回ってきました。その話を一つ。

パチンコは『CR化物語』や『CR忍者ハットリくん』など、新機種が多数導入されて盛り上がっていましたね。もちろん『CRぱちんこキン肉マン』や『CR咲-Saki-』、そして大好きな『CRルパン三世7』等々、人気機種も健在でした。ホームのお店は夜型なので、時間的にいつもの光景かな?という印象です。

しかし……パチスロは……。どうしちゃったのでしょうね? GW明けから、見た目でハッキリわかる程、稼働が下落している印象。無論、今日は雨だったし、ユーザーは「日や曜日を選んで遊んでいる」のでしょうが、平日のこの稼働状況を見る限り、今後とてもとても「設定を入れていく」という形は取れないんじゃないか?と想像しました。

とりわけ、ジャグラーシリーズを中心とした「ノーマルAタイプ」のパチスロ機の稼働下落が目立つ……といった印象。何せ、データが上がっていない台が多いので、設定判別できないという理由も考えられますし、そして中高年層の客層が極端に減っているという印象。お店の稼働・利益の両面で主軸となるタイプで客離れが起きているわけです。

あっ、もちろん偶然かも知れませんし、全国で同様の傾向にあるとは言い切れませんので、そんなに問題視することではないのかもしれませんが、兆候は見られるなぁ、という意見であります。みなさんの地域はどうでしょう?

先日も同じようなテーマで「救世主となる機種の登場」という部分を述べたので、今回はお店目線で集客策はないのか? と視点を変えて考えてみました。過去、何度かパチスロ市場全体が窮地に追い込まれることはありましたが、考えてみると、パチスロもパチンコ同様に「高齢化の波」が来ていて、昔遊んでいた人がどんどん引退(=止める)しているのかなぁ?と。

勝負の早い4号機時代とは異なり、出玉スピードは5号機仕様ですからね。中高年層程、長時間座ってパチスロを打つ、という遊びに飽きたのかもしれません。また、ノーマルAタイプも「設定、入ってない」という現状や、なかなか「勝てない」という経験が離反させたのかも?です。

ついついお店のことを考えれば、赤字を垂れ流して「高設定入れ続けろ!」とは言えませんしね。やはり「面白い機種」を導入していく、と言いましょうか。逆に言うと「余計な新台は入れずに、顧客還元に回す」と言いましょうか。

いろんなユーザーに聞くと「面白くない台だと、10万勝っても二度と打たない」という声もありますし、面白い機種であれば、収支マイナスでも遊ぶ時に最初に選ぶ、と言いますし。

スグに効果は出ないと思いますが、機種の選球眼というべき部分なのでしょうね……出玉バランスと入替コストをどうやって折り合いをつけるか?がお店の取り組むべき部分かなぁ、と思う所です。

だからこそ、お店の人……機械選定する人は特にパチスロを自分で打って、自分で納得して導入して欲しいなぁ、と思う所です。知っている限り、今でも多くのお店では設定調整者が台を選択していると思うのですが……もっと頑張ってください! 

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・梅雨入りで、今日も雷雲、5連チャン……
(解説)
*毎日『CRルパン三世7』打っている(笑)わけですが、今日も雷雲モードが5連チャンです……。しかし、今日は最後の雷雲モードで「確変」に当選しまして。そこから10連チャンして勝ちましたよ! あぁ、良かった……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る