> > 新台は設置されるけど……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

新台は設置されるけど……
2014/06/19

今日は外国人観光客を対象に調査した「日本の観光地ベスト30 2014年版」というニュースを発見しました。なんと、第1位は京都の『伏見稲荷神社』だそうでして。個人的には富士山が1位じゃないか?と思っていたので意外な結果に驚きましたよ。ちなみに京都はダントツのNo.1人気スポットのようです。ハイ。

さて本題です。今日はスケジュールが厳しかったので、慌ただしい1日となりました。新機種も多数登場し、クライアント先ではある程度、導入希望の機種の目星をつけているという事でした。予算化が大変ですけどね(笑)。で、今日はそれに関連した話をしたいと思います。

時期的なものもありますが、新機種発表が目立っている反面、パチンコもパチスロも「稼働下落」に歯止めがかかっておらず、極めて「危険」と判断するお店が非常に多いのが「現場観」だ、とのことでありました。

この夏場に向けて、きっとメインどころの機種など、他店に負けないだけのラインアップは整えつつ、出玉で勝負するお店は少ないのでは?という予測でしたね。

小生も日課となっている「お店の観察」から判断しても、お客様の動き方は非常に鈍いし重い。何より「滞在遊技時間」が圧倒的に短くなっているのが分かります。お金が掛かり過ぎるという理由が1番でしょうけども、きっと「面白くない」のでしょうね。昔は例え負けていても長時間打つ人もいましたが今は「ほとんど」いませんので。

だからお店の人達が、余計に常連客を大事にしているという姿勢は理解できます。おそらく「新台入替」は、まずは自店の「常連のお客様」から遊んでもらいたい、という気持ちもあるはず。

しかし、現実は異なり、広告ボリュームや告知をするほどに「開店プロ」が集まるのだとか。プロはプロでも「開店プロ」なので、入替などの「開店時」でお店が力を入れてそうな時期にピンポイントで来店し、台を占拠するというのです。

無論、悪い事ではありません。ただ「実は……休憩時間になると、新台の島が1時間くらい全部空席になる時間帯がある」という光景を見ているので、愚痴も言いたくなる(笑)との事でした。きっと心情的に「常連客から新台を遊んでもらいたい」という気持ちがそれだけ強いのでしょう。

最近「開店プロ」も集団行動している事や、勝負する日数は開店日のみとか……立ち回りが従来の形とは異なっているそうです。

さらに困った事に「常連のお客様」からもクレームも表面化しているようで「新台入替時に限って、常連客が避けるようになった」というのです。台をキープしておく事はできませんし、優先入場などもできません。「やりようがない」という事でありました。

理想を言えば「開店プロ」にも常連になってもらうようなアプローチが必要だろうし、常連客には開店日以上に可能な限り継続して機械運用を頑張る、ということにもなるのでしょうが、現実的には永遠に続けるのは無理です(笑)。お店はきっと頑張る!としか、言いようがない部分かも知れませんね。

これから新台入替が頻繁におこなわれるでしょうし、広告宣伝もボリュームが増える事と想像しますが、こういったプロの動き含めてお店選びは慎重になって欲しいと思います。

ま、究極は「自分さえ勝てば良い」という気持ちで、ワガママに立ち回って欲しいのですけど。自分のお金で遊ぶので(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・目の前の、ハットリくん見て、駆け抜ける…<…br> (解説)
*今日は『CR忍者ハットリくん』を発見し、一瞬、立ち止まって見入ってしまいました。面白そうでつい遊びたくなってしまったのですが、現在、禁パチ中。とにかく今月は我慢っす。忍者のように駆け抜けました! うぅ。思う存分、打ちたい!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る