> > カジノに左右されないで欲しい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

カジノに左右されないで欲しい!
2014/06/27

新聞で見たのですが、なんでも「妖怪ストラップ」が品薄だそうじゃありませんか。ストラップ……個人的には嫌いで何年も付けていません(笑)が、河童や化けねこ、ひとつ目小僧が人気だそうです。ヒット商品は突然登場するものですね。きっとなんでもそうなんでしょうけど。うん。

さて本題です。日中は暑かったですね。外回りの皆様はホント、お疲れ様ですよ。で、今日はカジノの話を一つ。先日、カジノ法案が国会で審議される?というニュースが出ましたよね? それと同時くらいのタイミングで「パチンコ税」の話が登場。「これは何かあるんじゃないか?」という業界人は数多く、結構、聞かれるわけですよ(笑)。

なにせ、過去もそうですが「規則改正」然り「内規変更」然り……行政の動きに市場が膨らんだり縮んだりする業界。少し過敏になりやすい傾向もあるのですが、カジノやパチンコ税はとてもとても大きい話。気になるのも分かります。

実のところ「ニュースで明らかになっている以上の話はまだない」というのが個人的に掴んでいるレベルで、パチンコ業界がそのことで何か「リアクションを考える」という事もないようです。

しかし、日本にカジノができる事を見越して、参入を準備している業界メーカーなどの株価が上昇したり、カジノのディーラーを目指して専門学校の開設が進むのではないか?とか、周辺の動きは速いですよ。まったく新しい市場なので、どこが主導権(=利権?)を取るのか?とか、誘致する自治体の中にはすでに「カジノありき」の話になっているのも怖いですし。

ただ、個人的には「税収確保・財源確保」のために、世界でも有力な方法を何でも取り入れる姿勢に変化してきたなぁ、と。カジノもパチンコ税もそうですが、タバコにお酒……または安定財源の消費税もどこまでアップするのか?など、心配ですね。消費マインドを下げずに財源確保となれば、嗜好品・高額商品に税金を掛けるのは当然ですから。

それで「パチンコ業界」がどうなるの?って話ですが、時代にあってない「法律」の改正、というのが最大のテーマかな?と個人的には考えます。もちろんその当たりは「政治家」さんにお任せするしかありませんけど、結局「カジノ法案に合わせてパチンコ(=風営法)を調整する」ような議論は避けてもらいたいと思っています。ちょっと、そういう雰囲気がありますからね(笑)。

無論、風営法の下に営業している他の業態……麻雀店やダンスホール、クラブ、ゲームセンターなどなども同様ですね。カジノありきで変更というのはおかしいですし。

いろいろな思惑が錯綜していますけど、パチンコ業界が大きくなり過ぎたのでしょうね、きっと。何せ全国に約12,000店舗あるし、いくら「カジノ」ができても、そこまでの数にはならないでしょうから(笑)。

直感で「カジノは(パチンコ業界にとっても)ビジネスチャンス」という人と「まだ何もわからないうちに動くのはリスク」という人と、考え方はそれぞれですが、未来志向でパチンコ業界を考える人がどんどん増える事はとても良いことだと思います。これからもたくさん問題提起すべきですよね。うん。動向を見守っていきたい所存であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・自販機を、思わず長押し、でもハズレ……
(解説)
*今日「90円自販機」を発見し、しかも「ルーレットくじ」付きだったので珍しくそこで缶コーヒーを買いました。パチンコで慣れ親しんだ(笑)「ボタン長押し」も当たらず……。大当たり確率はどれくらいなのだろう?と真剣に考えてしまいました。誰か教えてくださいませ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る