> > 「愚痴」という名の…“心の叫び”
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「愚痴」という名の…“心の叫び”
2014/06/30

“ブロック状の冷凍マグロで女性を殴って怪我を負わせた”というニュースをキャッチしました。マジで?というのが最初の感想でしょうか。マグロだって重いし、まさかそれを武器にするとは! 片手で持てる程度の大きさだったというけど、カチンカチンのイメージがありますからね。食べ物だし、犯人は71歳のおじいちゃんというから……頭が痛いですよね。

さて本題です。あっという間の6月でしたが終わりましたね。そして「今年も半分経過したんだ」と思うと時の流れが早くて複雑になります。

今月の収支表を振り返ってみたのですが、まあビックリ! 負けっぷりが半端ないです。7回遊んで収支で13万負けですから(笑)。負ける時はとことん負けますよね。勝つ時も大きいから遊ぶし、当然、お金がなければ遊びませんし。

まあ、自分の話はさておき、昔と違って今のユーザーは「遊べる日を選ぶ」し、その頻度も少なくなっていると思うのです。あっ? それが凄く「シビア」になってきたという事。例えば「お給料が入ったなぁ」とか「年金、もらったなぁ」と、少しお財布が潤ったくらいで遊ぶという人、昔より少ないと思うのですよ。

景気もまだまだ悪いですから、やりくりを「凄く考える」のは当然。パチやスロが大好きな人でも「お金が余ったらパチンコ」じゃなく、貯金ですよね。そして時間潰しには「パチンコ」じゃなく、別な余暇を選べますし、多種多様あるし。それでもなお、お金と時間に余裕があって「条件が揃ったら遊ぶ」という感じでしょうか。

それなのにお店は「新台入替」「リニューアルオープン」などなど、まだまだ派手なチラシやポスターは街を埋め尽くしていますし、メールに至っては「これって、常連客しか分からないんじゃない?」という隠語が多数存在し、バンバン配信されてくる。メッセージを理解できる人にとっては「美味しい」のでしょうが、わからない人にとっては迷惑メールと変わらなくなってきましたよ(笑)。

まあ、何が言いたいか?と言えば、お店がどんどん昔でいう「鉄火場」的な空間になりつつあると言いましょうか。常連さんでないと「怖くて遊べない」空間なのかな?と思うようになったのです。それを前提に遊ばないと、どこまでも「負けられる」という感じですものね。さすがにこれだけ負ければ「迷わず行けよ」が心情ですが、迷いますって。

きっとヘビーユーザーやプロの方は……キチンと見極めて立ち回っているのでしょうね。うん。聞くと店舗の情報の取り方が半端ないですからね。

……半分、泣きいれた形(笑)になりましたけど、全国約12,000店舗、朝から夜まで営業していて、気軽に時間潰しなどができる「遊べる空間」だった昔のイメージを早く捨てないと、年間通して負けてしまうなぁ、と思う今日この頃です。

ちなみに……6月は最悪でしたけど、この半年で見れば、ちょっぴりプラスなので(笑)。7月は気合い入れていきます!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・七夕に、不二子に会いたい! でも仕事……(悲)
(解説)
*来月、7月7日の月曜日は、新台入替も多いようですね。日付が良いですから。早速、短冊に「不二子に会いたい」と書いて飾ったわけですが、手帳を見ると仕事……。しかも夜遅くまで(笑)。悲しい……。理想は毎回会いたいんですけどね。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る