> > 低貸の……甘デジ機種がパチンコを変える?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

低貸の……甘デジ機種がパチンコを変える?
2014/07/01

怖いですね。“エボラ出血熱の死者350人に……制御不能”というニュース。なんでも西アフリカで、流行が前例のない勢いで広がり、 制御できない状況に陥ったと発表があったとかで。なんとかならないものか?と思いつつ、とにかく早く収まると良いのですけどね。心配であります。

さて本題です。今日は昨日とは一転、朝から良い天気でしたね。しかもとても暑く、「夏も近いな」という感覚で動いておりました。今回は「低貸の実態」について一つ。

近年、パチンコ・パチスロの低貸コーナーの充実は、加速度的に進んでおりますね。「1円パチンコ・5円パチスロ」だけでなく、貸玉単価を変えるお店も増えました。4月の消費増税の時に交換率変更など、若干の動きはありましたが、今後も設備面や運用面でもさらに進化していくのではないでしょうか。

ある業界関係者と、こんな感じで「低貸営業」の話をしていた時にいきなり質問が飛んできました。「低貸コーナーに設置されている甘デジスペック(=1/99以下)の売上や粗利の金額って知っている?」と。

正直、甘デジスペックでも遊びますが、低貸コーナーでは「MAXタイプしか打ってないな」ということに気が付き、また売上や粗利などの営業数字も細かく認識していませんでした。

わからない……と答えると、その方曰く「お客様は10000円もあれば、朝から晩まで遊べるくらいだよ」という答え。12時間から13時間は遊べるのではないか?というお話でしたね。運が良ければ持ち玉遊技で投資も抑えられますし。

利益はというと……無論、甘デジとはいえ差玉性能の高い機種やそうでない平均的な出玉の機種などさまざまですが、大体2000円から2500円くらいではないか?と。つまりお客様目線で言えば「10000円くらい、10時間くらい遊んで、7500円還元される遊び」という感覚かなぁ、とおっしゃっておりました。

あっ? もちろんパチンコなので、運・不運があるから、必ずそうなるという話ではありません。ざっくり言うと「そのくらいの射幸性の遊び」という体感を味わっているということであります。

そういえば……20年以上前に現金機主流の時代では、「この程度の射幸性だったなぁ」と思い出し、昔を思い出してみれば、時間に余裕のあるユーザーには支持が高いというお話でした。

問題は、パチンコに興味はあるけど「お金がかかり過ぎるから遊べない」という新規のユーザーへの入り口として「低貸コーナー」が受け皿となれば良いのですが、まったく逆で「4パチで、お金が持たなくなったヘビーユーザー」が低貸遊技に転向している点でしょうか。

普通に「1日2000円の粗利」の台なら、40万円くらいの機種を購入して機械代を償却するのに200日かかるわけですからね。その他の経費を獲得するには、3倍以上の期間はかかるかもしれませんから、いくら人気が約束されていても、お店の気持ちは複雑で大変なのでしょう、きっと。

理想は「新規ユーザーだって、ヘビーユーザーだって」遊べる空間を作るとともに、どうやってお店・メーカーがビジネスを成立させていくか?というのが鍵なのでしょうね。この環境で支持しているユーザーも多くなっているので、できるだけこの環境を継続することも、大きな課題ですから。

今後の動向に注目ですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・月末の、メールの多さに、電池切れ……
(解説)
*今日はいつになくホールからのメールが多く、途中で電池切れとなってしまいました……。まあ、月末だし、予算達成に向けて集客 を……という施策なのでしょうが、月末の月曜日って結構忙しいのですよねー。7月に行きますよ、うん(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る