> > 立ち回りで勝率アップを!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

立ち回りで勝率アップを!
2014/07/18

シャープの液晶“IGZO” 商標取り消しの危機?というニュースをキャッチしました。今年3月、特許庁が商標登録を取り消したらしく、なんでもIGZOというのはインジウムとガリウムと亜鉛と酸素の化合物で、半導体の材料の名称とか。商標取り消しの無効を求めている模様ですけど、訴えが認められなかったら……という話のようです。偶然つけたネーミングだったのか?は定かではありませんけど、考えさせられますね。うーん。

いよいよ来週には梅雨明けのようですが、同時に海の日でもあるんですよね。海の日が「梅雨」というのも少し違和感がありますけど(笑)。さて本題です。今回も「立ち回り」についてひとつ。

ユーザーが遊ぶ時の心理は結構、単純でいて複雑。単純な部分で言えば「ボロ負けすると面白くない機種(嫌いな機種)」で「大勝ちすると面白い機種(好きな機種)」という心理的な刷り込みってありますよね。遊ぶユーザーの「結果がどうなるか?」という点で評価が分かれるのはパチやスロにはあると思います。

しかし、ここで「勝ってもつまらない」「負けても面白い」という心理も働くわけです。だって、同じ人気機種でもお店によって嫌いになることはありませんか? 同じ機種でも使い方が異なるわけですから当然ですね。だから自然に「勝敗」は「お店選び」や「立ち回り」というのが重要だ、というのは以前からも述べているわけです。

もしも、全国すべてのパチンコ店が同じ条件だったら……交換率やら調整やら設置される台数に至るまで。そうしたら、本当の意味で機種の評価も優劣がつくのかもしれません。

同じように、機種ではなく「お店」を中心に考えるとどうでしょう。「ボロ負けするけど、行きたくなるお店」「何度か大勝ちしたことがあるけど、あまり遊びに行かないお店」というのは、ユーザーにどんな刷り込みがあるのでしょう? そんなことをいつも考えているわけです。

ひとつは「機械の使い方」ですね。初見で、しかも短時間でお店の「機械運用の方向性」を見極めるのが難しいという方は、ぜひ確率の甘いパチンコ機やジャグラーなどのノーマルAタイプの「データチェック」をしてみてください。それで大体推測できます。ほかの機種と比べて、ひときわ「常連客が多い」という仮説での話ですから、絶対とは言いませんけど、数日誰も「遊んでいない台」が複数あれば、それは要警戒(笑)です。

逆にそこそこデータが上がっている場合は、常連さんからも支持を受けているということで、第一段階クリア。次のステップとしてほかの機種を観察するのがよいのでは、と思いますね。

まあ当たり前ですが、低貸コーナーのデータの上がり方はあまり全体としては参考にならないと思うので、そこはお間違えなく。あくまで「4パチ・20スロ」コーナーで見てください。

2つ目は「新台以外の稼働のよい機種のチェック」でしょうか? 例えば今だったら、パチンコでもスロでもGW前後に登場した機種の「客付き」ですね。ここが前述した「負けても行きたくなるお店」という条件に近いのか?という見極めのひとつだろうと思うわけです。新台は稼働がよくて当たり前ですから(笑)。

3つ目は「席に座らず、ウロウロしているお客様の数」というところですかね? 勝負にこだわりを持つ方ほど、ハイエナを狙ってます(笑)。至極当たり前ですが、できるだけ投資を抑えてリターンを増やそうという立ち回りをしますので、こうした方達が多いということは、それなりに「評価されているお店」となるでしょう。ここは少しお店に滞在しないと分からないかもしれませんが。

ということで、この3連休・夏休み……そしてお盆期間中の休みに至るまで、パチンコ・パチスロで遊ぶ方は多いと思いますけど、これまで述べた立ち回りのポイントに留意し、勝利して欲しいと思いますね。皆様のご武運をお祈りしていますよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・暑いのに、海にはクラゲも、いませんな……
(解説)
*『CR大海物語2』で遊んだのですが……まあ、何もなく終了。不思議ですが……ハマっている時ほど、まったく動きなし(笑)。クラゲが見られなかったのは実に寂しい。3連休は……部屋に籠もってますかね(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る