> > 休日が怖い……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

休日が怖い……
2014/09/24

日本のプロ野球も佳境を迎えておりますが……どうしたのでしょうね、ソフトバンクとオリックスは? ほとんど同じような星取で負けているし、なんとも盛り上がらない優勝争いですよね。ライオンズファンとしては、なんとか最下位だけは避けて欲しいと思いますが、ロッテも楽天も踏ん張ってますから複雑です。まあ、数日で結果が出るのでしょうけどね。

さて本題です。昔と比べて連休が多くなった、と体感できるので嬉しいのですが……最近は、ホントにパチンコ店に足を運ぶという「モチベーション」が上がりません。悩みですね……。

過去、2回ループ時代の初代『CR大工の源さん』がホールのメイン機種だった頃は、「どうせ負けるだろ」と思いながら心のどこかでは「自分だけ勝つかも?」という、根拠のない期待感(笑)があったものです。

今や、休日が来るたびに「お店は抜くんじゃないか?」とか「どうせボーダー以上回る台なんてあるはずはないので、MAX機はお金がないと遊べない」と、最初からビビっちゃうのですよ。うん。

「10回に1回、10万円勝つ」のと「10回連続1万円ずつ勝っていく」というのは、少し感覚が違いますものね。そりゃ度胸の問題って言われればそれまでですが、やはりリスクが高いと感じるのは「10回に1回、10万円勝つ」というものです。少額ながら勝ったり負けたり……を小刻みに体感させることこそ、パチンコやパチスロだと思うのですけどね。

パチンコなら、もう少しライトミドルスペックの人気機種登場を望みますね。大当たり確率1/200前後なら、1000円あたり20回として10000円で当たるかも?って期待感を持てますから。無論、そんな素晴らしい調整を施しているお店は、ほぼ皆無ですけど(笑)。

出玉性能やスペックは、それぞれ特徴があっていいと思うのですが、最初の当たりまでの期待感を上げていく、というのが大事なのかな?と。仮にMAX機で12回くらいしか回らないと、3万くらいの投資=リスクは当然考慮しなきゃいけませんしね。

スロだと、AT確率などの合成で1/200以下という機種は増えていますが、100枚もゲットできない枚数だとメダルが増えた感覚がないですし、それこそ「宝くじ」に当選しないと、どんどん現金が吸い込まれていくだけ……という怖さを持っていますよね? 「そういうものだ」と、いくら頭の中でゲームの前提条件ということを理解していても、打てば打つほど負けるリスクも上がっていくというもので。

そんな中でのスロにおける試験方法の変更はサブ基盤の出玉関与を排除する方向となるので、少し射幸性が落ちていくのでしょう。

ま、何が言いたいのかと言うと、負けが続くとネガティブな印象は払拭できないので、お客様に勝ちの体験を小刻みに提供することが、長い目で見てメーカーやお店にも利益がある、ということですかね。

個人的にはパチンコもパチスロも「1万円で1勝負」「1回5000円くらいの勝ち負け」「最低3時間くらいは遊べる」くらいの射幸性が、主流になるといいなぁ、と。まあ、それでも低貸があるから、逃げ場はありますが。

……低貸も、回らないからなぁ(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・もう見れない、マリンちゃんの、コスプレが……
(解説)
*近所のパチンコ店が……突然、お店を閉めまして。いつも、季節が変わるたびに、マリンちゃんの「コスプレ人形」を見るのが楽しみだったのですけどね。ま、遊んだことは1度しかないのですが。だって、調整が……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る