> > 「新装開店」「新台入替」でも……玉は出ない?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「新装開店」「新台入替」でも……玉は出ない?
2014/09/25

コンビニ客足戻らず 8月2.4%減、増税で女性離れも」というニュースを発見しました。天候不順で外出を控えたり、もともとお財布の紐が固くなっているのもあるようですが、スーパーもマンションも自動車もマイナスとなっているという点。物価上昇局面ということもあって、景況感が上がらないのでしょう。都市と地方においても格差が広がっているようですしね。うーむ。

さて本題です。今日は「狙い撃ち」という話をひとつ。パチンコ・パチスロもこの不況の渦に巻き込まれているのですが、小生の周囲の方々は、キチンとお店や機種を事前に決めて遊んでいるという話。当たり前ですが、こういう時代に衝動的にパチンコ・パチスロで遊ぶということはしない(笑)そうです。

「勝ち負けなんて時の運」などと、飲みながらよく話をしますけど、誰だって遊ぶ前は負けたくない。より勝てる方法はないか?どんな機種だったら勝てそうか?というのを研究して臨むというわけです。ぶっちゃけ、こういったユーザーばかりになってきたので、お店も少しやりづらいのかもしれません(笑)けどね。

研究する上で「どんな告知を見ているのか?」と尋ねると、おおむね、どのお店も「新装開店」や「新台入替」しか告知しませんし、それと出玉が連動するわけではないことはすでに知られているようです。お店側の情報よりもむしろ「ああ、新台をたくさん入れたから今月は回収かな?」とか「あの機種は極端にお客様がいなくなったから危険だろう」という話や状況判断がメインなようで。

大体、新台入替時は打たずに後ろで出玉感を確認、お店の方針を見極めるというのですよ。「しっかり出そうという意図があるか?」という部分を。

パチンコやパチスロは宝くじっぽいところがあります。例えばパチンコの回転率であったり、パチスロのAT突入率だったり合成確率だったり、そういった部分をトータル的に俯瞰すると言いましょうかね。

実は……そんなに目新しい立ち回り方法ではないのですが、昔より警戒感が強い(笑)。最初から新装や新台入替と派手に謳っても、調整面で何も変化がなければ無意味だ、という感じです。

1番信頼性が高いのは「新店オープン時」くらいかな?ということでしたけど、今じゃ新店オープン時から抜き倒すお店も珍しくないので、やはり事前の機種研究は欠かせない、ということでした。

「こういう楽しみ方もあるんだ」と思いつつ、逆にこういう方々ばかりになると、お店の営業はかなり大変になるだろうなと感じた次第です。だって、意図的でも事故でも……出玉が出ていても警戒されるのだから(笑)。疑い出すとどこまでも疑うという姿勢も、最近のユーザースタイルのひとつとなっているのでしょう。そこに面白さがあるのかな?

稼働の苦しいお店ほど、月末になると「利益、利益」と社内から突かれるでしょうから、調整の「遊び」の部分というのがまったくなくなりますよね? 土日も同じ。そして、最終的には「毎日辛い」というのが常態化され、信頼を失っていくのでしょう。こうなると末期症状ですけど。

今はお店ごとに格差が広がっていますから、ぜひ、たくさんのお客様が遊んでいるお店で打ってください。可能であれば、数店を平日の日中に比較すると状況がよくわかるのですけどね。

少しずつ「新装」や「新台入替」の魅力を感じなくなった方々も増えていることをわかった上で、調整面を考えてもらいたいところです、ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・8個保留、アクアの海は、深かった……
(解説)
*久しぶりに海シリーズのアクアで遊んだのですけど、まあ8個保留だけど3個以上溜まらない……(笑)。海は深いなぁと思いつつ、つい3000円も打ってしまいました。回ると楽しいのですけどね、海って。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る