> > 何を伝えるべきだろう?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

何を伝えるべきだろう?
2014/09/29

今日はたくさんのニュースがありますが……やはり、新入幕・逸ノ城が13勝2敗で敢闘賞と殊勲賞のダブル受賞という部分でしょうか。横綱の優勝も、巨人のセ・リーグ優勝も、みんな逸ノ城が持っていった感じ(笑)。今場所はすっかり遠藤の名前を聞かなくなったので、来場所こそ奮起してもらいたいですけどね。凄い力士が現れたものですよ、ハイ。

さて本題です。早いもので9月も終わりですね。なんとなく……バラエティコーナーに設置されていた『CR超シャカRUSH(ライトミドル)』を6000円打って負け、その後『CRぱちんこAKB48バラの儀式』を10000円打って負けて今月は終了です(笑)。まったく勝てる気がしない……。

もっとも、『超シャカ』も『AKB』もそこそこ回ったのですけどね。ヒキの弱さを露呈したわけですが、1時間も遊べなかったのは痛い。次もあのお店で遊ぼうとは思っても、そりゃ毎日のようには打てませんからね。勝ち続けない限り。

確かに、パチンコ・パチスロを打ち続けることが「仕事」であり「遊び」であり、どれだけファンを増やしていくか?っていうミッションが自分の役割だ、とちっぽけな信念は持っていますよ(笑)。でも、最近は誰に対してパチンコ・パチスロの楽しさを伝えればよいのだろうか?と悩みますよ。ホント。

まず、パチンコ・パチスロを打ったことのないユーザーに対して……何を伝えるか?ということですが「運が悪いと1時間で10000円くらい負けますよ」とは伝えますが、ホントにそれだけのお金を使う価値があるのか?と問われると反論する言葉もありません。

今や若者だけでなく多くの方の消費思考はより「損だと感じるものにお金を使わない」というものになってきたと思います。低貸だって、1時間10000円は言い過ぎですけど、負ける時はあっという間。そもそもパチンコなら「回らない」状態になっている機種にお金を使って、当たらないという不満を解消できるのか?と疑問も感じますしね。アピールポイントを探して、ワクワク・ドキドキさせる部分がどれだけあるかな?と、打ちながら感じるところです。

なので、結果として、多くのメディアが攻略誌のように「ヘビーユーザー中心のコンテンツ構成」になるわけですが、このターゲット層は、自分から進んで情報を取りにいくタイプで「損したくない=負けた分をキチンと回収し、収支をプラスにしたい」という思いが強い傾向がありますよね。

例えば年間通して収支をプラスにするため、プロなどどんな行動パターンをするのか?というのを参考にし、そしてそれを可能な限り基準として、自らも勉強しながら達成感と合わせ実利も確保するという方々です。

しかし、パチンコ・パチスロを勉強すればするほどに「なかなか勝てない」「勝ち続けるには運もそうだが時間もかかる」という点に気がつき、残酷なまでに「時給計算」に行き着いてしまうというのです(笑)。

投資に対するリターンを考えれば、パチンコの方が速いのですが、お店が出率をある程度コントロールできる「調整」という変数があります。パチスロはパチンコより出玉を獲得する時間はかかり、それが毎日の生活の中ではちょっとリアリティを感じ得ない確率に当選しないと、そういった美味しいところ(=事故とも呼ばれていますが)は味わえない負の部分があるわけです。

パチンコなら、機械のスペック分析より調整という変数を考えると「お店選び」の方が効率がよいかもしれませんし、パチスロなら何度(=試行数)も回して、ヒットではなく毎回ホームランを狙っていかないとお金が持たない、ということにヘビーユーザーもすでに気がついているのではないでしょうかね?

この段階でパチンコやパチスロを離脱する方の多くは「効率が悪い」「リスクが高すぎる」「投資に見合わない」というのが止める主な理由で、かつ「毎日しっかり仕事をしていた方が時給がよい」といったところまで考えてしまうのでしょう。

ということで「未経験者」と「ヘビーユーザー層」へのアプローチ方法を考えてみたのですが、結局、その中間のライトミドル層がボリュームゾーンなのに、その方々が楽しく遊べるような機械やそこをターゲットにしたメディアって少ないですよね。

「月1回や2回程度なら(損する確率が高いから)遊ばない方が得」という主張の方は多いですけども(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・毎日が、お釈迦様だよ、お財布が……
(解説)
*ライトミドルだから、1回くらいは当たりが引けるかな?と甘くみておりました。1000回近くのハマり台だったので(笑)。それにしても、ここ数カ月は毎日お財布がお釈迦様状態です……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る