> > いよいよ『北斗』『海』だ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

いよいよ『北斗』『海』だ!
2014/11/04

「FAによる流出選手が多い球団ランキング」という記事が出ていましたね。ダントツで西武ライオンズ! 間違いありません。だって、工藤に始まり、石毛、清原、松井(稼)、和田、細川、帆足、中島、片岡、涌井などなど。昔から主力選手がどんどん抜けていきますものね。育成と外国人選手のスカウトは上手なんですけどね。とにかく銀次郎が残留してくれてよかったと思ってますけど。

さて本題です。11月の3連休も終わりましたが、実は4日よりサミーの『CR北斗の拳6拳王』と三洋の『CRまわるんぱちんこ大海物語3』が納品されます。本日はこのお話をひとつ。

ひょっとすると、ファンよりパチンコ業界関係者の方がソワソワしているのではないか?と思うほど、偶然にも同日にこの2機種が納品となっています。合わせると約20万台を軽く超えるわけで、今年最大の「お祭り日」とも言えるでしょうし、ここで一気呵成に市場が盛り上がってくれることを期待する限りです。

両機種とも大ヒットシリーズ機で、ファンの支持もほかとは一線を画すほどのヒット機種ですから、メーカーはもちろんお店の期待も大きい。それでも11月という季節やここまでの稼働低迷の流れなどもあるので、ファンの反応がどうか?と少し心配……という部分もあるようです。

『北斗6』は、ゼロアタッカー搭載で、前作より圧倒的にボリューム増となった演出が魅力のひとつ。しかもパチンコユーザーのみならず、パチスロユーザーも「北斗は大好き」という方がいるだけに1度は絶対に打ってみたいという方が多いのでは?と思います。問題はお店の調整方法でしょう(笑)。個人的見解ですけど、スタート回転数やスランプに対してどこまでやってもらえるのか?っていうのは大事だなぁと思う次第です。

『大海3』はその名の通り「まわるん」シリーズなので、初当たりまでの時間が短いと体感で伝わるかどうか?というのがポイントだと思っています。当然、回らないと話にならないのですけど、従来にないスピーディーな展開に「大海ファン」がどれだけ追いかけてくれるかという部分でしょうか? やや出玉が少な目なので、大量獲得に慣れたユーザーの初見での反応も気になるところです。

どちらの機種も、お店は1年でも2年でも……1日でも長く主力機種として設置・育成したいはずなので、日々お客様の反応とデータを見ながら大事に扱うはず。当然、来年のお正月休み頃まではメイン機種として位置付け、お店の中心として盛り上げていくでしょう。

そうそう、こういう時こそ大事なのはお店選びです。そうですね……大体、1機種、パチンコ設置台数の5〜8%くらいが適正かな?と思ったりしています。それ以上だと導入し過ぎということでしょうし、利益回収を一気に早める可能性がありますしね。また、それ以下ならば、それだけの入替費用が元々あまりないということで、これまた導入当初から利益重視で調整をするでしょうし。

もちろん、普段の客入り、競合状況や地域差もあるでしょうから、あくまでひとつの目安として捉えてもらうとよいのですけど。

そして、11月中の営業をある程度見れば、そのお店の年末・年始の営業の方向性も見えるので、未来の立ち回りの試金石にもなりますからね。例え空き台がなくても、必ずホームのお店には立ち寄って、じっくり観察してください。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・月初から、激しく吹き込む、財布かな……
(解説)
*もう「恒常的に」お金がないんですけどね(笑)。月初というのに……。『北斗』も『海』も早く打ちたいなぁ。2週間くらいしないと空き台が出ないかもしれないと思うと、少し悲しいけどお金もないから……まあ、いいか。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る