> > 金色に……ならんねー
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

金色に……ならんねー
2014/11/19

衆院解散総選挙、消費税10%は先送りというニュースの一方で、錦織選手より松岡修造の方が稼いでいる?というニュースもキャッチしました。知らなかったのですが、日めくりカレンダーの「まいにち、修造」は定価1080円で4万部を超える大ヒットらしく、今、日本で一番存在感のある人物となっているようですね。関係ないけど、松木安太郎も頑張れ!

さて本題です。ちょうど選挙の日が12月14日になりそうということで、チラシの手配などを変えねばとクライアント先で話をしておりました(笑)。まあ、解散や増税先送りは事前のニュース通りなのでそれほど驚きではないのですが、ここ数年で景況感というかムードを上げて欲しいと思いましたね。

で、今日は先日打った『CR牙狼金色になれ』の話をひとつ。実は『CR北斗の拳6拳王』を打とうと思ったのですが、満席で仕方なく『牙狼』に移動。そのコーナーも混雑していたのですが、仕事を忘れてお店を見渡すと「他の機種は……なんだか勝てそうなイメージがしない」という気持ちになりまして。

……不思議ですよね。きっと、過去の体験がそうさせているのかもしれません。ということで大当たり0回、580回の台で勝負したわけです。

『牙狼』もシリーズ機なので、人によっては「俺は●作目が好きだ」とか好みがあるようですが、やはり今回の『金色』は少し別格というのでしょうかね? 枠の作りもそうですし、アイキャッチも凄いものがあり、コーナーで見ると迫力が違います。こういったところは、メーカーの勝利ということなのでしょう。

打ち始めてからは……例の如く、回りません(笑)。いや、正しくは回らないパチンコ機にすっかり慣れた自分がいるというか。タマに勝負しようと思ってもこれでは……とブツブツ言いながら、8千円目にモードアップからバトルに発展し、ハズレ後に復活大当たりであります。

牙狼剣を差す時、大当たりだと「握った段階でブルブル震えるよ」と言われたので、それを意識してみたのですが……震えず。というか、微妙過ぎてよくわからないというのが素直な感想(笑)。

STには入らず、時短の「ヤミテラス」突入となりましたが、見所がひとつもなく100回転で終了です。この時点でまだ負けていたので持ち玉で遊技していたところ、右隣の方がやたらと牙狼剣を差すものですから、台が揺れる揺れる……。あれって強く押さなくても大丈夫なのになぜか?中高年女性の方は勢いよく押すもので……。

イライラしながら、諭吉が2枚、3枚となくなっていき、39000円負けで終了であります。オーマイガー。

勝つ時は大勝ち、負ける時は大負けとなる機種なのですが、改めて『金色』の凄さを感じた次第です。特に感じたのは、マックスタイプのハマリ時の演出の豊富さというのでしょうかね? あと、スーパーリーチ発展の出現率もよい感じですし、保留変化にもパターンがたくさんあって。

結局、大当たりまでのハズレの区間の演出をたくさん見るわけですから、モード移行はもちろん、図柄変動開始時に展開を予測する楽しさが他機種とは別格かな?と。

大当たりラウンド中もSTか?否か?って、まさに天国と地獄なのでドキドキですしね。もちろんST機だから、ST中もヒリヒリするのですけど。マックス機に慣れたユーザーなら、この牙狼を超えるだけの演出の豊富さがないと。比較されますから他メーカーも大変だろうと想像するところです。

シリーズ機という難しさを超えて、毎回驚きを提供してくれるところも圧倒的な支持を得ている部分なのかもしれませんね。ええ、もちろん、出玉も最高の魅力のひとつですが。しかし、負けると悔しい……。今月は完全に終わった……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・保留の火、1度くらいは、消してよね!
(解説)
*保留演出のひとつに、火を消す演出があるのですが、まだ1度も消してくれません。何度見たことか……。あれは消すとどうなるのか? とても気になっているところであります。今度、『牙狼』好きに教えてもらおう……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る