> > 朝イチ並びで優良店判別を!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

朝イチ並びで優良店判別を!
2014/11/28

最近、芸能人としか付き合わない「プロ彼女」という方がいるそうですね。なんでも、芸能界隈のコネクションのほか、芸能人級に容姿端麗で料理がうまく口が堅い人を指すとか。しかも、彼(芸能人)の浮気を許し、自分の年齢関係なしに結婚を迫らないことが条件だそうでして。

これは一般の方になれというのは難しい話です。だからプロなのでしょうね。そっかー、彼女という存在にもプロができたのですね(笑)。

といった、のんびりした話題から本題です。早いもので11月も終わり、今年も残すところあと1カ月となりました。皆様、パチやスロの戦績はいかがでしたか? まだ、あと1カ月あるので収支プラスとなるよう頑張ってもらいたいと願うところです。

で、今回は朝の並びの話をひとつ。昔から新台入替時など、プロを中心に「朝から並んで台を確保する」という動きがパチンコ業界の特徴のひとつでありました。

しかし最近……いや、特に今年はそのパチンコ店の行列事情が様変りしているようです。まず、そもそも朝並びするお店が少なくなったこと! これ、1番の問題でもありますが、朝からパチンコやパチスロ打つほど熱中している方は数少なく、入替も何もない平日通常開店では午前中はお客様がほとんどいない……というお店が増えているようです。

逆にそんな状況でも、朝から並ぶお客様がいるということは、ホントの意味で信頼感も期待感もあるお店だ、という証明なのかもしれませんね。今年は目に見えてそれがハッキリした年となったように思います。

次に、行列を作るファンが最初に座る台ですが、パチンコの場合は新台を除くと人気台ではなく、1円パチンコを始めとした低貸コーナーから埋まるという状況も特に目立った一年でした。中高年層が多く、生活パターンも朝型の方が多い、勝つ時の儲けは少ないが投資は抑えることができるなど、さまざまな理由があってこそなのでしょう。

しかし「1プッシュ1回転」という噂が立つほど低貸コーナーの調整は厳しく、逼迫しているお店も多いので、これも繁盛店のみの話になるのですけどね。

一方、パチスロはと言えば、朝イチで並ぶお客様はパチンコのように無造作に遊びません(笑)。店全体を一巡してデータチェックしてから遊びます。これも面白い傾向のひとつ。悪いことではありませんが、とても慎重で午前中はずっとデータをチェックして回るといった強者もいるようで。

複数店舗を回ったり、数時間経過した後に再来店したり……と、結構、アグレッシブな方が多いです。お店も遊んでくれないと売上が上がらないので、それはそれで困った話でもあるのでしょうが。今年は特にこういった動きをするユーザーが目立ったように思います。

結局、昔は機種性能や交換率ギャップなど、よく回る台&高設定台にさえ座ることができれば長く遊べ、その上、勝てる?という期待感がありました。

今は、朝イチでなくても、昼でも夜でも……パチンコやパチスロが「宝くじ」っぽくなってきたので、特段「朝イチに打つ必要性もなくなった」と言えるでしょう。

だって、パチンコなら……ボーダー回転数という言葉も死語になってしまった(笑)ほどに回らないですから、逆に長く打った方が損という方も増えましたよね? 等価交換営業だし、余程、その機種が好きでないとなかなか持ち玉で長く打ってくれない傾向にありますから。

スロも一撃でデカいのを引くと「抜けたらさすがにもう引けないだろう」とか、いろいろと考えてしまいますよね? それだけ通常時のハマリはキツくて、収支面をクールに考えても当然の行動パターンでしょうし。それだけ高設定を入れているという期待が持てないということなのかもしれません。

12月は……土日休日、朝から並んでパチンコ・パチスロで一勝負! というファンも多いでしょうから、出勤途中や営業途中などで朝イチ並びの状況を確認できるのであれば、そこで優良店の判断をしてもよいかもしれません。あまりに行列がなければ……疑ってかかることも大事かな?と。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・師走前、諭吉が少し、走り過ぎ! 
(解説)
*11月は……ホントに財布に諭吉がいる時間がなかったですね。最近、300円くらいあれば1日過ごせるようになりましたよ(笑)。来月こそ勝ち組に入りたい、と本気で思っております。ハイ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る