> > 人材の確保が重要です!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

人材の確保が重要です!
2014/12/11

今は選挙絡みのニュースが多いのですが……ありましたよ、プロレス大賞が! 見事、棚橋選手がMVPということですが、特別選考委員・内館牧子さんの評論がよい。「MVPには柴田勝頼」「ベストバウトは石井智宏VS飯伏幸太」ということで、シブい! 飯伏が「プロレス界のダルビッシュ」というのは少し言い過ぎだと思いますけど(笑)。さて、来年はどうなるのでしょうねぇ。

さて本題です。毎日毎日寒いですね。皆様はどんな防寒をしているのでしょうか。あと、最近、パチンコを打っていて静電気が少なくなったように思いませんか? 昔はビリビリしていたのにね(笑)。今日も朝から東奔西走しておりました。

実はホールの関係者から「サービス業はどこまでコストダウンできるのか?」と相談を受けまして、その話をひとつ。今やパチンコ業のみならず、サービス業のコストダウンってどの会社も大変ですよね。飲食業なら原材料費の削減に始まり、価格競争、そして人材不足の3点が課題と言われているそうです。

パチンコ店で言いますと、原材料費は機械入替費用ということでしょうかね? でも、削減と言ってもお店はメーカーじゃないですし、価格は逆にどんどん高騰しています。自助努力できるとすれば、買わないか中古機購入という部分になりますか。もちろん、人気が出て長期稼働することができれば、100万円だって200万円だって安いということになるのですけど(笑)。

価格競争という側面では、低貸営業が代表例として挙げられますが、すでに飽和状態ですし、全体としては参加率減少の流れもあって低貸コーナーの稼働も下降傾向です。安売りの方向に進めば、それだけ収益性を落としてしまうリスクもあるので、今後はどうなるのか?と。

最後に人材不足ですが、実は3つの中で一番深刻な問題だそうでして。特に近年はサービス業の中から数多くのブラック企業なる劣悪な労働環境がメディアなどで明らかとなり、人気はどんどん下がっているようです。

ことパチンコ業界を見ても、人材確保の厳しさという部分はあまり変わらないのでしょうが、今後、少子高齢化の中では一番最初に避けられる業界になっているのだろうと。おそらく、だんだんパチンコ店の人的サービスは今のレベルを維持できなくなるというわけです。

どんなサービス業もそうですが、無料で受けられるサービスというのが失われていくのだろうなぁという危機感はありますよね。だって人が集まらないし、働く方々から見て待遇の魅力や、やりがいを感じられる仕組みや展望が見えないのですから。

特にギャンブルを目的に来店するパチンコ・パチスロユーザーから見れば「人的サービスなんていらないから新台入替してもっと出玉還元しろ」という意見が今は圧倒的に多い。たとえそれが全体から見ればまだ少数派であったとしても、数年後には多数派になる可能性も高いですからね。

それぞれのお店に作戦があるようにやり方はそれぞれなのでしょうが、人材確保というのはお金をかければなんとかなる問題ではありません。お店側が働く人を選ぶという感覚ではなく、働く側から選ばれるために、労働環境の整備に加え、確固としたビジョンを常に持つということが大事だと思うわけです。

しかし、この分だと意外に早いタイミングで、工場みたいなパチンコ店ができるかもしれませんね。お店に入場する時はICカードで管理し、遊技機も進化して故障がほとんど発生しない機種が出てくるかもしれません。カウンターもロボットが設置されるようになったりするかも?

それはそれで興味はありますけど(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・あと20日……、イブにはきっと、打てるはず!
(解説)
*金欠に加えて凄く忙しくなってきたのですが……例年、クリスマスイブは、パチンコ店は比較的空いているということもありチャンスだなぁ、と思う今日この頃です。『クィーン』も『エヴァ』も『北斗』も打ちたいなぁ。今はいつ行っても人気機種は打てないから……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る