> > スロの先行きから……予測する?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

スロの先行きから……予測する?
2014/12/19

毎日天候のことを書いていて恐縮ですが……今度は「名古屋で記録的大雪、市内混乱」なるニュースを発見。23センチの積雪は2005年12月ぶりというだけに、交通機関がマヒして大変だったと聞いております。これが東京だったら……大変どころじゃないですよね。

さて本題です。本日も年末の挨拶回りを兼ねて、東奔西走しておりました。暗い話が多い中でも、もっと盛り上げていこう!という業界関係者もいらっしゃるので、少し元気をもらったと言いましょうかね。外の風はいろいろ冷たい(笑)ですが、大変勉強になっている次第です。

しかし、そんな心境になっていたのも束の間で……最後にお会いした方から大変怖い話を聞きまして。そんな話題をひとつ。

まずはパチスロの話題ですが、新試験方式になってからの9月以降、保通協(試験機関)の適合率が低迷しており、今後出てくる機種は「ノーマルAタイプ」がメインであるという点。

実はノーマルAタイプの機種が増えることは特段、悪い話ではないのですが、周知の通り、お店が積極的に入替できるという環境ではないというのが問題でして。

40万超えのパチスロ機を購入したとして、1日3000円くらいの粗利で1カ月(30日)で9万円、1年(365日)で約110万円ですからね(笑)。残念ながら1年通して、利益3000円を確保できるノーマルAタイプ機種って、特定機種以外にほとんどないのが現状。ええ、『ジャ●』シリーズは鉄板ですけど。

1台で1年通じて利益110万円ならよいだろうにという読者もいらっしゃると思いますが、家賃・人件費・水道光熱費・その他経費……もろもろ考えると、果たして得なのか?と疑問符が残るところであります。

最低でも検定期間中の3年はずっと変わらず設置しておくことを前提に考えないと、とても計画は立てられないというわけです。

また、今、申請中の機械でも「(監督庁があれだけコメントを発表したのに)未だにベースの低い開発機種を持ちこむのはいかなることか?」みたいな話も聞いているので、今回は徹底的にスロの射幸性に関してメスを入れるとのようですし……。

射幸性の高い・低いや、それぞれのメリット・デメリットはさておき、このままお店が疲弊して次々と倒れてしまうことになれば、全国に浸透している「お店」というインフラは崩壊し、いずれユーザーにも伝わらなくなるでしょう。

何より、今の市場の前提は全国に約11,000店舗あるインフラが強味であって、それがなくなればユーザーが減少するのは至極当然なことでして。

「パチンコやパチスロは……一体、誰がコストを負担しているのか?」と考えるとですね、答えは出てくるように思うのです(笑)。これ以上は立場上、言えません……みなまで言えません(笑)。

最終的に次々と中小メーカー・中小ホールが倒れ、その中で大手メーカー・大手チェーンが残ったとしても、その時点でユーザーが激減してしまえば業界として意味がないと思いますし、競争力を失っているのでその先に「さあ、ユーザーを集めましょう」と言っても、すでに遅いのかな?という未来が待っているような……?

つい、ネガティブなことを考えてしまいますが、やはり、今一度「コストを負担しているのは誰?」という点に立ち返り、その中で新しいビジネスモデルを作る必要があるなぁと感じると同時に、パチンコ業界「外」の方にいろんな意味で「面白そうだ」「儲かりそう」と感じてもらえる、魅力ある市場に作り上げることが大事だと思う次第です。

どの業種もそうですが「昔はよかった」という話は酒の肴程度にして、新しいものを創造していくべきですよね。うん。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・魚はね、パチでも高いよ、デラックス……
(解説)
*『CRAデラックス海物語』は、ティアラ(T-ARA)という可愛い名前のわりにはキツイっす……。魚群の信頼度が高いのも好きな理由なんですけどね。なかなか出ないっす! うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る