> > 『北斗』の裏ボタン、楽しいね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

『北斗』の裏ボタン、楽しいね
2015/02/12

プロ野球オープン戦が始まりましたね。日ハムの大谷選手が早速ホームラン第1号を放ったというのも嬉しい限り。今年は広島の黒田投手が日本に戻ってきたし、松坂投手も……。

おっと、中島選手もいましたね。あれれ? 西武にいた選手ばっかりですが、ライオンズには森選手がいる、頑張れ!

さて本題です。先日、クライアント先での会議後、いつものようにパチンコ談義となりました。「ええ、先日、北斗で勝ちまして……」と小生が少し自慢話をすると、あるスタッフから「最後のカットインのボタン、ちゃんと押してます?」と話しかけられました。

もちろん、「気合十分で!」と答えると「違います。縦カットインですって。あれはアガるから……」と言われて。

「え? 縦カットイン? な、何?」と聞き直してしまいました。常々業界人だ!と語っている自分が恥ずかしい……。

なんせ『CR北斗の拳6拳王』がお店に登場したのは昨年の11月ですが、その当時は『CR牙狼 金色になれ』ばかり打ってましたからね。ホント、パチンコ機の入替が早いもので。

心の中の言い訳はさておき「聞かぬは一生の恥」と思い、裏ボタンの話を細かく聞いたわけです。まあ、すでにご存知の方ばかりだと思いますが、最後のカットイン時にPUSHボタンではなくて、左にある「十字ボタン」を上下に押すと大当たり時の1/2で縦カットインが入る、という裏ボタン仕様のことですね。

ほかにもいろいろ聞いたのですが、この縦カットインだけはどうしても実戦で見たいと思い、一晩中モヤモヤしておりました(笑)。

そして11日。週中の祝日は久しぶりだし、こういう日はメチャメチャ混んでいるのと「回収間違いなし!」と警戒感たっぷりだったのですが、一晩中縦カットインのことばかり考えていたので、やっぱり行ってしまいましたよ、パチンコ店に。

大当たり0回、1002回転のハマり台に着席。「1000回ハマったらヤメよう」という事前に遊んでいた方の気持ちがデータ表示器にこもっています(笑)。

しかし、今日は大当たりが来なくったって、スーパーに発展してなんとか「PUSHボタン」が出てくるところまで持っていければ……と。とにかく「十字ボタン」を押したくてたまらなかったわけです。

ところが! ……前の方の怨念のようなものが残っていた(笑)のかもしれませんが、10000円打っても発展もせず。そして1000円また1000円と突っ込んでいくうちに、縦カットインのことなど忘れ「勝つまでヤメられるか!」とアツくなってしまい……ダメなパターンです。

なんとか13000円で初の発展。しかもサウザー。こりゃダメだ……と思いつつ、教えてもらった手順で十字ボタンを押すと……なんと、縦カットインが!! 「ありがたや〜、ありあがたや〜」と思いながら盤面を眺めて見事大当たりです。ケンちゃん、ありがとう!

しかし、北斗は甘くありません。「後は回収するだけだな」と心の中でほくそ笑んでいたのですが、4R確変→4R通常でバトルモードも無双モードも終了。箱半分くらいの玉しかゲットできず「もうダメだ。これがなくなったらヤメよう」と思ったわけです。

そして上皿の玉もラストに近づいた瞬間にデビルリバース出現。これでリーチになればアツいはず。ええ、アツいはず。

見事、リーチがかかり、バトルとなりました。普通ならここでも十字ボタンをプッシュ……となるわけですが、展開がアツかったので思わず「PUSHボタン」の方を押してしまいまして……。だって、キリン柄が見たかったんですもの(笑)。そういう時はやっぱり緑で……。悲しかったわけですが、なんと、大当たり。

そこから連チャンが止まらず、11連で終了。収支で7万のプラスとなり、少し興奮気味で景品交換したわけです。よかった、よかった。今日はよい夢が見れるかも(笑)。

今後は北斗フェスもそうですが、裏ボタンもしっかり予習して、しばらく打ち続けたいと思いましたね。なので『CR真・花の慶次』をしっかり打ち始めるのも……3カ月後かなぁ? 入替、早過ぎっす。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ファルコのね、オーラが黄色(金色?)、すぐわかる……
(解説)
*10勝以降、VSファルコを選択してケンシロウと勝負だったのですが、パーンアップする時オーラが黄色(金色?)だから、ほんの少しだけわかっちゃうんですよねー。またファルコが強いんだな、これが。それでもまた見たい!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る