> > 年間約100万円かぁ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

年間約100万円かぁ
2015/02/17

皆さん、見ました? 黒田選手の記者会見。ニュースでチラっと見た程度だし、広島カープのファンでもありませんが、ちょっと感動してしまいました。

もう勝っても負けてもどっちでもよい、みたいな気持ちになりましたよ。カープファンの皆様、すいません……。でも、今年は最大のチャンスですよね、広島。マエケン&黒田……早く春にならないかなぁ。

さて本題です。本日は前日ほどの風ではありませんが、東奔西走、いろいろと回っておりました。なんせ、パチスロの『アラジンAU』筆頭とした入替日でもありましたし、動向がとても気になるところでありました。

ところが……うーん? なんというのでしょうかね、勢いがありません。飲食業などは「ニ八(2月と8月)は悪い」という言葉を聞いたこともありますが、まさにそんな感じです。

経験上、パチンコは「サブ・ロー・キュウ(3月・6月・9月)」が景気悪いっていう感覚があるのですが。

1人でブツブツ言いながら、お店を回っている時に「そういえば……」と、とあるアンケート結果の集計データを思い出したわけです。そこには「1カ月の平均遊技額」が書いてありまして、低貸だと月に3万円、4パチ・20スロだと約8万円の消費という結果だそうでして。

ヘビーユーザーと言われる方は、まあ、年間で100万程度消費しているということになるのでしょうかね?

しかも、台選びで最も重視しているのは、「出玉の多さ」ということでして。さらに面白いのは機械についての不満は「あまりたくさん出なくなった」という意見が圧倒的に多いということ。これには驚きです!

業界に長くいるからでしょうか……感覚的には差玉性能だけを見れば、相当射幸性は上がってきたなぁという印象なのですけど、意外にもファンには伝わっていないということなのでしょうね。

パチスロに至っては、明らかに4号機時代よりも差玉が出る、そんな機種が増えたのに(笑)。まさに「1人の王様、多数の庶民……」というヒエラルキーがハッキリしてきたという感じでしょうか。特定の機種に人気が集中する、そんな苛烈な競争を感じるところであります。

それと台選びとしてポイントが高かったのが「演出の面白さ」という点ですね。ここが気になります。パチンコは昔から液晶演出やゲーム性に人気要因の比重が大きくなる傾向がありましたが、今やパチスロでも演出の面白さは必要条件なのですね。

もちろん、パチンコ同様に版権の認知度だったり、動きだったり……とあるのでしょうが、さらに面白い機種の登場を期待したいところです。

そんな感じでアンケート結果を思い出しながら、再び目の前の稼働の状況をよく観察し直してみたわけです。実際のところ、パチンコではまだまだ「新台神話」というのでしょうか。

比較的新しい台の稼働が良好ですが、昨年12月や1月導入された機種はすでに空き台が目立つという印象で、決してアンケート通り「出玉の多さ」だけが人気の要因じゃないような気もするのですけどね……。

パチスロも相変わらず着席数よりデータをチェックしているユーザーの方が多いお店があって、少し滑稽に見えました。お客様はいっぱいいるのに空き台が目立っているって、どれだけ狙ってんだという感じです。

あと「スマホ見ながらパチスロ」ですね。まあLINEなどで情報交換しているのでしょうけど非常に多い! 目押しに必死になって打っているファンが少ないのは少し残念ですし、きっと通常時はあまり期待していないのかな?と(笑)。

まあ、遊び方は人それぞれなのでよいのですが……。早くアベノミクスの効果が出ないかなぁと、いつになく他力本願な気持ちになった1日でありました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『エヴァ』減台、4台だけだと、打ちづらい……
(解説)
*ホームのお店でですね、もう『CRヱヴァンゲリヲン9』を減台しておりまして、4台しかなくなってしまいました。うーん? さすがに4台だと打ちづらいなぁと躊躇してしまいました。近い将来、この選択がハッピーであっただろうことを祈るばかりです……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る