> > 機械の管理もキチンとせねば……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

機械の管理もキチンとせねば……
2015/02/25

ビジネスホテルの朝食戦争が激化しているという話じゃないですか。無料なのに質と量を兼ね備え、お客様の評判は非常に高いものがあるようです。地方に出かける仕事が少なく、ビジネスホテルにはここ最近、宿泊していませんが、ちょっと情報として持っておきたいと思いましたよ。うーん、すごいな。

さて本題です。いよいよカジノは横浜と大阪という流れでカジノ法案が成立するか?という話題が持ち上がっていますが、実は同時にプロ野球もtotoのように「スポーツ振興宝くじ」をすべきだ、という議論が起きているようでして。

2020年東京オリンピックの競技場建設費用の一部に充てる意図があるようですが、もしもプロ野球が対象になると……すごいことが起きるなぁと思っています。

まず実質的に国営化されるわけですから、アンダーグラウンドの野球賭博は壊滅に追い込まれるでしょう。また、単純な勝ち・負けだけだと当たりが増えるから、サッカーの引き分けのように「9回までの勝ち・負け」という感じで条件をつけないと配当も上がらないでしょう。

小生、スポーツが好きなので大賛成なのですが、そうでない方々の意見もしっかり聞き入れて、なんとかオリンピックの財源をジワジワと作って欲しいものです。

そして、ここでいきなり闇スロの話に。全国で闇スロ店がポツポツ摘発されているようです。もしも野球賭博のロジックをパチやスロに合わせたら、パチやスロが「国営化」されれば、かなり柔軟なことができるのでしょう。もちろん簡単じゃないけれど、闇スロにたいしての抑止にはなるのかな?

で、どうやら闇スロは爆裂機(おそらく4号機時代の機種)がメインで、数十台設置されているという話。記事だけを見ればこれで終わりですが、パチンコ業界ではどこの誰が機械を「流したのか?」という部分で、かなり問題となっています。

通常、パチやスロを撤去する際は流通経路を明確にし、最後は処分場へ……という流れなのですが、どこから調達してくるのでしょうね。

それと新台を購入する際、同じメーカーの古い機種を下取りに出して値引きし、下取りした機種の中で再利用できる部備品を使い新機種を作るということはよくある話です。「再利用・再生利用」についてもだいぶ進んできましたが、それでも闇スロのような形で市場に出てくるわけなので、有効な対策はないのかな?と考えるところです。

先ほどの話に戻りますが、もしもパチやスロが国営化になれば機械の流通も大きく変化しそうな感じですよね。ただ、いたちごっこのように新しい闇ビジネスが生まれるのもまた事実で。

とにかくカジノ関連法案も近づき、この業界としては射幸性の抑制とのめりこみ防止策、闇スロなどに機械が流れないような流通改革、この3つが大きなテーマになってくるかもしれませんね。

個人的には、カジノ法案の動きに準じてパチンコ・パチスロ業界も変わっていくべきでは?ということになるのでしょうが、さまざまな方向性を今から模索しておくべきことなのでしょう。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・待ちますよ、『GOD』出るまで、禁スロです……
(解説)
*どうやら4月5日にも『GOD』登場ということなので、そこまではスロ、我慢しようと思っています。今年のMVP候補と言って間違いないのではないでしょうか。しばらくしっかり働かねば……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る