> > いつの時代も……繁盛店は繁盛店!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

いつの時代も……繁盛店は繁盛店!
2015/03/05

ギョーザ1位争い、宇都宮市が「もうやめる」というニュースをキャッチしました。浜松市と1位の座を毎年争っていたそうですが、今後は量よりも中身で勝負ということで、餃子ガイドの育成講座を開いて歴史や皮の薄さの違いをレクチャーし、普及させていくそうで。

地域復興の一環としての取り組みだと思うので、継続して欲しいと思いますよ、ホント。

さて本題です。花粉の飛散がすごいですね。もう目が痒くて痒くて。今年はたくさん飛ぶようなので、皆様も早めの予防をおススメします。そんな中、本日も動き回っていたのですが、景気のよい話などひとつもないような状態でホント、どん底であります。

それもそのはず。なんだか最近は「アベノミクス」がどうのこうのって話題、聞かなくなりましたものね。一部、株など景気のよい業種もあるようですがなかなか末端までには広がらず、節約モードは今後もしばらく続きそうな勢いです。

パチンコ店も余暇産業・娯楽産業ですから、1番最初に我慢する部分ですものね。

それでも、元気のあるお店はちゃんと存在します。不思議なほどいつもお客様でいっぱいなパチンコ店がありますよね。ビックリするくらい。「どうして? どうして?」という疑問の連続です。

ある優良店は、都内のターミナル店舗で競合他店も多数存在する激戦区にあるのですが、常に1人勝ちなんですよ。同じ機種が同じだけ導入されても、他店との格差が広がるばかりでして。

お店の作りや広告宣伝、メールなども特別なものは見当たりません。出玉感は……お客様がたくさんいるだけに相当賑わっているようにいつも見えますけど、それほど出ている感じでもないのですけどね。

当然、当事者にしかわからない繁盛店の要因があるからお客様も集まるのでしょうし、普通に見えて他者からはうかがいしれない「ノウハウ」があるのでしょう。

ひょっとしたら、見た目以上に数字は上がっていないかも?と思ったりするのですが、それでもいつも空席がないほどの繁盛店に見えるのは技術的なものかな?と考えたりもするわけです。

常に「お客様がお客様を呼ぶ」という、飲食店で行列ができるような心理状態にさせているのでしょうね。いくら混雑していても「このお店で打ちたい」と思わせるお得感があるのでしょう。

見た目でわかる違いと言えば、やはりデータでしょうか。稼働していない遊技機が少なく、前日・前々日の大当たり履歴に「0」がないことが好印象なのかな? やはり、データが1週間くらいずっと「0」のパチンコ・パチスロの台って手を出しにくいですし。

また、口コミの発信源となりそうなオピニオンユーザーをしっかり満足させているということもありそうです。おそらくそれはパチンコ店に限った話ではないのでしょうけども。

お客様がある一定数を上回ると、あとはそんなに労力なく集客できるというのがパチンコ店の面白さでしょうかね。

競合店が多いほど、比較対象で目立つようになるし、資金的余裕があれば「後出しじゃんけん」で競合店に対抗することもできますしね。

なので今、景気が悪いとはいえ、すべてがダメなわけではないので、これをチャンスに変えてユーザーのハートを掴んでいくというのが大切なのでしょう。

パチンコやパチスロは「ヒキ次第」ですが、繁盛店の方が勝てそうな感じがしますし(笑)。気持ちの問題は大きいものですよ。

『クィーン』や『パワフル』で遊ばせてくれるお店がないか? 現在、探索中であります。だって……あれが、あれなんですもの(悲)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・アラジンで、大負け財布が、砂漠です……
(解説)
*『アラジンAII』を打ちましてね……ええ、結果は負けです。パチスロは……AT機は勝てる気がしません。ヒキ次第とは言え、今日はなんだか納得いかない1日でありました。くぅ〜。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る