> > 投資バランスは大事です!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

投資バランスは大事です!
2015/03/10

あまりニュースになっていないみたいですが「ふなっしーが特派員協会で梨汁ブシャー! 外国人記者“真面目な妖精”と高評価」だそうで。なんでも、アメリカでは大半の方が「ピカチュウ」だと思っているらしく、ふなっしーを知っているのはオタクくらいだそうでして。それでもふなっしーに憲法改正や平和憲法について質問し、ふなっしーも真面目に答える……っていう点は好感が持てますね。まさに「くまもん」と並ぶ、ゆるキャラ界の東西横綱といった印象でしょうか。パチンコに出て来ないかなぁ? 楽曲もあるし(笑)。

さて本題です。本日も朝から東奔西走しておりました。電気代や食料品など物価が全体的にジワジワと上がってきている中、賃金上昇の声は聞こえてきませんね(笑)。ニュースで出ているように、大企業を中心に内部留保はたくさんあるのでしょうが、まだまだ中小企業や社会全体にお金が行き渡るという状態にはほど遠いなぁという印象です。

そんな話を某オーナーとしていたのですが、お店の方もなかなか「出玉」というのは伝わりにくいもので、薄利で営業していても効果が上がるまで、トンでもない時間がかかる……というのです。そんな話をひとつ。

以前にも書きましたが、パチンコ・パチスロは公営ギャンブルではないので、払戻金が何%ということはなく、お店によってそれぞれです。中には「利益ぶっ●抜き」というレベルのお店もあれば、薄利で運営しているお店などさまざま。今や平均的な利益率という点で言えば、少し下がっている?という話や都心と地方でも全然違うという話もあり、他業種とは違って単純な比較をできないのがこの業界であります。

なので、いくらパチンコ企業側が薄利だと思っていてもそのよさが伝わりづらく、逆にものすごい利益率を誇るお店でもお客様を集めるのが上手なお店もあります。まあ、これは外見の派手さや新しさ、規模の大きさ、設備機器の充実などといった要素だけでは優良店とは言えないという部分もあるのと同じです。

100%成功する方法は存在しませんが、成功に近づけるプロセスと投資順序というのはあるはずで、理想は高収益率で継続的集客の実現を目指し、バランスよく投資するということなのでしょうね。

例えば1000万円を投資しようとお店が思った場合、それを出玉還元するか? 新台を購入するか? 新しい設備機器を導入するか?と考えた場合、一体どれがユーザーに届きやすく、最も好印象を与え、継続的に来店してくれるのか? 残念ながら「出玉」という部分だけは、お店側から見ると投資として最も不安定な要素になっているというのが現状のようです。

また、パチンコのマックス機やパチスロのAT機などは「5万使って10万勝つ」といった射幸性を刺激しますが、逆に「1000円で2000円勝つ」という機種は少なく、ファンの大半はそういった射幸性に反応しなくなっています。お店は低貸コーナーの充実という点で、射幸性の低い機種を求めるファンに対してのインフラを整備していますが、遊技機には低貸専用機種というのはありませんしね。

やはりユーザーの“慣れ”という部分が大きいと思いますし、もし変わるのならば、もっと大きな規則改正などをキッカケにすべてのパチンコ店が一斉に変わるような状況にならなければ(射幸性が低かった)過去になかなか戻れないのではないかな?と思うわけです。

また、交換率が低かった時代は玉の出方やスピードでもっと楽しさを演出できたのですけどね。「出玉」というストロングポイントを今後どうやってお客様に伝えていくか?という点が課題だと個人的に感じるのですが……。

苦悩はしばらく続きそうな気がします。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・お宝は、ルパンが盗んで、くれました! 
(解説)
*パチンコの『CRルパン三世』で大当たりをゲットしましたよ。少し勝てたのでホッとしていますが、お宝はルパンにありましたね。アラジンでも宝をゲットしたいと思っているのですが……そんなに大勝ちしたわけでもなく……。まだ打てません(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る