> > 今こそヒット機を!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

今こそヒット機を!
2015/03/11

レンジャース・ダルビッシュ選手の手術、心配ですね。ケガですからしっかり休養して欲しいところですが、手術となると長期戦線離脱となりますし、これからのことが心配ですから。

さて本題です。かなり寒い1日となった昨日も東奔西走しておりました。近頃は「最近のパチ・スロで、おススメの機種はなんですか?」とことあるごとに尋ねています。しかし「人に勧めるほど打ってない」「勝てない勝負は勧めない」という意見が(笑)。まあ、そう言ってしまえばそれまでなのですが、記録にも記憶にも残っていないということなのかもしれません。

「そうなんだよ、打ちこめば絶対よさは伝わるんだけどねー」とは某メーカー関係者のお言葉。大体、3000円くらいですべてがわかるようなパチやスロはなく……でも、ユーザーは3000円程度で良し悪しを直感で決めるようなところもあるので、役物や見た目などのインパクトで印象づけるというのは理解できるところです。万人に、わかりやすく驚きを提供できますから(笑)。

ゲーム性やスペック面の認知度・理解度というものは、5万打って理解できない方もいれば、1000円で全容が掴める方もいるわけです。でも今は前者が問題で、そこは改善すべき部分だと思うのです。なんせ、記憶に残らないから、口コミなどによる広がりもないと言いましょうか。

この時代にヒット機種を生み出す……と考えた場合、入口が広くて奥が深い!というのはもちろんなのですが、パチやスロは無料で遊べるゲームではないので、しっかり射幸性(=スペック)を持ち合わせている機種が支持を得るということになるのでしょうね。

スペックでその機種を推す方もいれば、ゲーム性やストーリー展開で推す方もいますが、ヘビーユーザーなら「お得感」を重要視するのかな?とも。

調べますと、とにかく過去の人気シリーズ機を中心に手がけつつ、新しいことに挑戦するマシンを開発しているメーカーが多い、という印象です。お店は人気シリーズ機から購入しないと資金的に持たないですから、新たなチャレンジスペックだと「買いづらい=リスクがある」ということになるのでしょう。それでメーカーもますます人気シリーズ機に傾倒すると言いましょうか。

もっとお店も新しいゲーム性・コンテンツ・スペックを持つ機種を導入して差別化を図ればいいのに……と思われるでしょうが、それはそれでリスクの高い話になっているわけです。体力が落ちている現状では仕方ない部分です。

ちょっと悪い方向に向かっているなぁと思うと同時に、最悪、お店のすべてが「シリーズ機でいっぱい」になりかねないのかな?とも。ええ、極論ですけども。

なのでメーカーにはぜひ、そこに風穴を開けて欲しいのです。開発にかかるわけですが、「スーパースター」な機種の登場をホントに待ち望んでいますので、大変でしょうがお願いします(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・爪削れ、人差し指が、すべります……
(解説)
・もう、スロのやり過ぎで、人差し指の爪の「右側」が削れちゃって、風呂上りに毎日手入れしてます(笑)。クセなんですよねー、親指じゃなく、人指し指でボタン押すの。皆さんはどの指で押しますか?




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る