> > どんどん厳しくなっていく……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

どんどん厳しくなっていく……
2015/03/18

西武ライオンズのドラフト1位、高橋投手が絶好調のようですね。西武は次々とよい新人が出てくるなぁと思いますよ。ファンとしてはたまりませんが、活躍すると出ていっちゃうから悲しいのですけどね。夏頃にはローテショーン入りしてほしいです。ええ、雄星(菊池投手)も頑張って下さい。打倒! ソフトバンク!(言っちゃった……)

さて本題です。日々是パチンコ・パチスロでありますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか? 業界関係者ですら「もう打てない……」と1年以上パチンコ店に行っていない&打っていないという方が増えているだけに寂しいところですが、なんとかこの危機を乗り越えたいものです。

今話題になっているのは、先日お伝えした通り、内規変更に伴う年末頃のパチンコ・パチスロの状況です。まあ、パチスロの場合は内規変更ではなく「出玉機能のメイン基板移行化」に向けての新試験方法対応ということになるのでしょうけどね。

パチンコの場合は、とにかくマックス機を中心に開発が進んでおり、これから10月末まで多数登場するのでしょう。一方、パチスロは高ベースATやA+ART機がどれだけ適合するか、出玉機能のメイン基板移行化した機種が適合するか否かが焦点になると言いましょうかね。

問題はお店の対応で、必然的にパチ・スロ両方ともかなりの機種を入替しなければならず、年末までに多額の資金が必要となる事情があるということ。当然ながら「新台入替=早期に利益回収」という構図に拍車がかかるでしょうし、消費増税10%対応の問題も大きい。しかも、消費はもっと縮小するでしょうから、ネガティブな状況がさらに継続する可能性が高いということです。

一方で、ホールの組合である全日遊連が不同意決議をした「封入式パチンコ機(ECOパチンコ)」の草案ができており、導入に向けて着々と準備が進んでいるという点も不安材料です。なんせ莫大な投資がかかりますからね(笑)。そのお金は言うまでもなく、ファンから頂戴するわけですから頭の痛いところです。

最近はカジノでも、1〜2万円程度遊ぶユーザーばかり集めるような施設を多額のお金で作っても、償却するまですごく時間がかかると言われていますし、お金をたくさん使う方々をしっかり集めないと維持費も出なくなるという意見も出始めているようです。「地域活性化のコアビジネス」「経済効果の高さ」ばかりに目を向けて、成長性を含めた継続可能な事業モデルをキチンと計画しないと、カジノだってパチンコ店だって大変になりますからね。

……おっと、後ろ向きな話ばかりになりましたが、とにかく慎重に進めないとマズいし、絶対失敗できないという背景からもわかる通り、そんなに甘くないですからしっかりと動向を見守りつつ、攻めて欲しいなぁ、と思うばかりです。

まずは今のパチンコ・パチスロがとても毎日のように遊べるものではない、敷居が高い遊びと感じるようになったことを認識した上で、お客様のニーズを満たすような取り組みをして欲しいと思いますね。たとえば、防災拠点としても活躍できるとか、街に溶け込めるような規制緩和が可能になれば新しいお店の姿もできると思うのに……と個人的には感じていますけど。

昔は「洗車サービス」とか「駐車場をフリーマーケットの場所として地元のお客様に貸出」とか、いろいろあったのですけど……。(踊るほうの)クラブのように自助努力して、風営法の改正を期待するしか方法がないのかもしれませんね。今、頑張らないと……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・春なのに……、お別れですか、諭吉君!
(解説)
*うぅ、月が変わればツキが変わると思い、今月は頑張っているのですが……なかなか勝てませんね。パチ。甘デジの『CRルパン三世』を打ったのですけどね、何も起こらずノーマネーでフィニッシュです。春だから……財布の諭吉とのお別れがとても寂しいです。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る